正月飾りやお花はいつ飾る?正月花で縁起がいいものは?

お正月を迎えるための準備、門松を立てて正月飾りを飾ったりお花を生けたり。
ところでお正月に飾る縁起の良い花には何があるかご存じしょうか?

お正月に飾る正月飾りや正月花についてのあれこれを紹介します。

スポンサードリンク

正月飾りはいつ飾る?

昔は「正月事始め」と言われる12月13日から、正月飾りの準備を始めたそうですね。
とは言え、12月13日から飾るかというとそうではなくて、門松につかう松や竹などを山に採りに行くなど準備を始めたそうです。
門松や注連縄(しめ縄)が出来次第、遅くとも12月28日までには飾るようにしていたようです。

現在は、クリスマス飾りがありますから、あんまり早く飾ると玄関にクリスマスリースと門松が同居するようなことになっちゃいますので、クリスマスが終わってから飾るのが一般的ですね。

なぜ28日までに飾るかというと、29日~31日は、それぞれ良くない理由があるようです。

31日は一夜飾りになってしまい縁起が悪く、また年神様を迎えるのに失礼。
30日は旧暦でいう「大晦日」にあたるため。
29日は読みが「にじゅうく」で「二重苦」に通じるため。

もし28日までに飾ることができなかった場合は30日に飾るようにしましょう。

門松の意味や飾る花

門松の起源は、年神様に家を見つけてもらうための目印として飾ったのが始まりと言われています。「ここに私の家がありますからおいでください」という目印なんですね。

門松に飾る植物といえば、やはり縁起の良い「松・竹・梅」です。松・竹・梅は「歳寒三友(厳寒三友)」と言われ、寒い冬でも葉が枯れないことからお正月の縁起物なんです。

松の葉は1年中青いことから「永遠の命」を表すと言われていますし、樹齢が数千年を超えるものもあるので「不老長寿」にも結び付けられる縁起の良いものです。

竹も寒い冬でも葉を落とさないことや、嵐の中でも折れないこと、曲がらずまっすぐに伸びていくことが「誠実な心」を表すと言われています。

梅は他の花よりも先に咲くことから、「出世」や「開運」を表すと言われています。厳しい寒さの残るうちから花を咲かせ、いい香りを漂わせることも縁起が良いことにつながっています。

注連縄の意味や飾られる植物

また注連縄には、「縄張り」「結界を張る」という意味があると同時に魔よけの意味があります。注連縄を門松と一緒に飾って家と外の境界を作り、年神様が家の中に入りやすくします。

スポンサードリンク

注連縄には、「ウラジロ」や「ダイダイ」「ユズリハ」などが飾られます。

ウラジロ

左右に2枚の葉が広がることから「夫婦円満」を表すと言われています。

ダイダイ

ダイダイの実は1度実ると何年も木から落ちないことから「一族の繁栄」を表すと言われています。

ユズリハ

新しい葉が伸びると古い葉が黄色くなり落ちていくことから、親から子へ、子から孫へ無事に世代交代が進むことの願いが込められています。

正月花といえば?縁起がいいものは?

注連縄や正月飾りと一緒に、縁起の良い正月花も生けると思いますが、正月花も他の正月飾りと同様に28日までに生けます。

正月花に適した縁起の良い花の代表的なものです。

松・竹・梅と菊や蘭

お正月の基本は、やはり門松にも使われている松竹梅です。梅の切り花が手に入らない場合は、菊や蘭を使ってもいいようです。
ただ菊を使う場合、お供えに使うような「輪菊」と「小菊」は避けましょう。

南天・千両

南天は「難を転ずる」という意味合いで縁起がいい植物です。
また千両もおめでたい名前で正月花に使われます。

どちらも寒い時期に赤い実がなり、彩りを華やかにする植物です。

葉牡丹

葉牡丹には紅白の2種類があり縁起が良いとされています

椿・水仙

真冬に美しい花を咲かせることから正月花に使われます。

薔薇

見た目の美しさと「長春花」とも呼ばれ花が咲いている時期が長いのでおめでたい花とされています。

正月飾りや花はいつまで飾る?

一般的には1月7日までが「松の内」とされ、松の内の期間内は飾るものとされています。

ただ地域によって松の内が1月10日までだったり1月15日だったりするところもありますので、そこは地域の風習に倣うことも必要かもしれませんね。

正月飾りや正月花は、可能ならば近くの神社へ納めたり、どんど焼きで焼くことができればいいですね。
ですが最近は、どんど焼きなども環境問題等でなかなかできなかったりします。

もし納めることができなければ、塩で清めたあと新聞紙などに丁寧に包んでから、ゴミとして捨てましょう。

まとめ

最近は剣山がなくても吸水スポンジがあれば簡単に生けることができますね。
生け花があるだけでお正月の華やかさが違ってきます。
今度のお正月にはお花を生けてみてはいかがでしょう。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする