お年賀の『のし』はいつからいつまで?お年賀とお年始の違いは何?

お正月のご挨拶に欠かせないのは「お年賀」ですよね。

このお年賀についてまとめてみました。

スポンサードリンク

お年賀とはそもそも?

正月3日間にご挨拶することを「お年始」と呼びます。そしてこの時に贈る品を「お年賀」と呼びます。
厳密にはお年始回りは正月の3日間に行うことになっていますが、実際には松の内の間に行われればいいようです。

ちなみに年賀状は、このお年始に行けない代わりに挨拶を書状にして贈ることにしたものです。

お年始の挨拶では、お屠蘇(とそ)を飲んで、賀詞(お祝いのことば)を交わし、その年1年の無事と長寿を祈ります。

お年始は、年が明けたことをお祝いすることなので、喪中の場合はお年始自体を行いません。

また厳密に言うと、お年賀の品はお年始の挨拶で手土産にするものを指しますから、お年賀をデパートなどから直接配送したり宅配で送ったりするのは正しくありません

『御年賀』の「のし紙」はいつまでつけていい?

お年始をする期間が松の内ですので、お年賀を贈る期間も同様に松の内までということになります。

ですので『御年賀』の「のし紙」を付けるのは、松の内の間だけということになりますね。

スポンサードリンク

もし年が明けたあいさつが松の内の期間を過ぎてしまってからになった場合は、『御年賀』ではなく『寒中見舞い』にします。

のし紙の表書きの『御年賀』と『御年始』の違いって?

ところで年始の挨拶の品には、のし紙に『御年賀』と書かれている場合と『御年始』と書かれている場合がありますよね?
これって何が違うのでしょう?

正確には、御年始は挨拶する行為のことを指しますから、贈り物につけるのし紙の表書きには『御年賀」と書くのが正しいです。

ただ、会社やお店などで手軽な挨拶代わりになるような品、たとえばタオルや粗品、手帳やカレンダーなど簡単なものの場合には、『御年始』の表書きが使われるのが一般的になっているようです。

品物そのものが挨拶を兼ねているようなイメージなんでしょうね。

まとめ

結婚して初めてお年始に行かれる時など、お年賀に何を持っていったらいいのか頭を抱えてしまいますよね。
でも持って行かない訳にもいかないですからね。

お年賀はあまり高価なものにしてしまうと、先方も気を遣ってしまいますから、あまり気合を入れすぎずほどほどがいいt思います。

何を選ぶにしても、のし紙の表書きは「御年賀」にしておきましょうね。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする