ケンタッキーのクリスマス 当日に通常メニューは買えるか?

クリスマスチキン

クリスマスのチキンと言えばケンタッキーフライドチキン。

2021年も例年通りクリスマス期間はパーティバーレルやクリスマスパックなどのクリスマスメニュー中心で予約も始まっていますね。
2021年は12月18日(土)から12月26日(日)がクリスマスメニューの受け取り日です。

でも、

「クリスマスメニューだとちょっと多いし…」
「要らんものも入ってるし…」
「普通にオリジナルチキンのみ単品で何本か買えれば十分…」

と思っている方も多いはず。

では、クリスマス期間の当日にケンタッキーのオリジナルチキンだけ買う、というのは可能なんでしょうか?

スポンサードリンク

クリスマスも通常メニューのオリジナルチキンを買えることにはなっているけど…

クリスマス期間でも通常メニューのオリジナルチキンを買うことは『一応できる』ことになっているようです

ケンタッキーの公式ホームページでも、「クリスマス期間中は通常メニューのオリジナルチキンの販売はしない」とは書いていません。

とはいえ、必ず通常メニューが買えるとも言えません。お店の規模やクリスマスメニューの予約状況によって、その年ごと、お店ごとに異なるのです。

ケンタッキーのチキンは1時間に作れる数量が決まっています。いくら機材をフル回転させようとしても、ケンタッキーのチキンの味を守るために、1時間で作っていい上限が決められているのです。

予約の多い24日の夕方以降などはチキンの製造が間に合わないため、何時間も待たされたり(5時間待ちなんてことも!)、場合によっては結局買えなかったりすることもあったようです

つまり1時間で作れるチキンの量はキッチンのキャパシティで決まることになりますので、いくらアルバイトを総動員しても変わりません。

注文がたくさんあるからといっても、次から次へと作るわけにはいかないのですね。

予約されたお客さんは前払いで代金を支払っているので、ケンタッキーとしては約束の時間に提供できるように、店頭に来た通常メニューを頼むお客さんより優先してチキンを作ります。

このため予約が多い時間帯は、予約のお客さんの商品を作るのでいっぱいいっぱいになってしまい、店頭で通常メニューを購入しようとするお客さんの分が作れなくなってしまいます。こうなると店頭のお客さんはチキンの製造が空くまで何時間も待つことになります。

店頭でクリスマスメニューを予約したお客さんの列が長い時間帯というのは、つまり予約が多い時間帯ですから、通常メニューを作っている余裕が無い状況、ということになります。

実際に通常メニューを買おうとして、どのくらい待たされるのか?は、お店のキッチンの規模と実際に予約されたクリスマスメニューの数次第ですので、店によっても年によっても違ってきます。まぁほとんどのお店で、クリスマスイブの夕方からは、店頭で通常メニューをすんなり買える可能性はかなり低いでしょう

…というように、お店の予約状況と調理パワーによって、クリスマスメニュー以外の通常メニューに対応できれば提供する、ただし待ち時間は覚悟してもらう、という感じです。

ただコロナ禍な今は、これ以外に「密な状態を避ける」ことも重要な要因になります。緊急事態は解除されている状態とはいえ、お店としては極端に密になることは避けなければなりません。

予約のお客さまだけで行列ができてしまうような時間帯は、できる限り密を減らすためにも予約以外のお客さまは受け入れない、という可能性もありえますよね。

お店の立地も関係するかもしれませんね。
たとえば駐車場があるお店と無いお店では、混雑したとしても状況が違いますよね。駐車場があれば予約のお客さまも含めて外で待つこともできるので、その分余裕は持たせられるかもしれません。

結局は「店の規模と予約の数によって、店ごとにどうなるか異なる」のでしょうけど、オリジナルチキンのみを買うのはコロナ以前よりも厳しくなりそうな感じです。

クリスマスイブ以外の日でも、休日などお昼からのクリスマスパーティーが多そうな日なども午前中から予約で一杯でしょうから、やっぱり店頭でオリジナルチキンを買うのは難しいかもしれませんね。

では通常メニューを予約しておけばいい?

当日に店頭で通常メニューを買おうとすると待たされるのであれば、事前に予約しておけば当日待たずに受け取れるのでしょうか?

実はそうもいかず、ケンタッキー側としてはクリスマス期間の販売分はクリスマスメニューの予約しか受け付けない、というのが原則のようです。

スポンサードリンク

ですが、店舗によってはオリジナルチキンのみの予約も受け付けてくれる場合もあるそうです。その店の例年の状況からの予測や、現状で予約されているクリスマスメニューの数などから、余裕がありそうだという店舗個別の判断があれば、オリジナルメニューの予約は受け付けてくれる可能性はあるみたいです。

ただしネット予約は全店共通な扱いとなりますので、ネットからの予約はできません。
ケンタッキーのネットオーダーの画面でも、クリスマス期間中については「注文が可能かどうかは直接店舗に確認してください」って書いてありました。

また「お届けケンタッキー」も、『デリバリーサービス「お届けケンタッキー」でお届けできるメニューは、別に限定させていただいております。詳細は店舗へご確認ください。』となっているので、店舗の状況次第なのでしょう。
ただ「お届けケンタッキー」の今現在(2021年12月12日)のメニューは12月22日まで有効となっているので、それまでは通常のデリバリーメニューのお届けはしてもらえそうですね。

結局のところ通常メニューの予約を受け付けてくれるかは、買に行く店舗へ直接問い合わせてみるしかない、ということになります。クリスマスイブとかは通常メニューの予約を受けてもらえる可能性がかなり低そうですが、もしかして「クリスマスの予約が少なくてヤバい」と焦っている店舗だったら、受けてくれるかもしれません。

クリスマスの混む時間帯の前に買っておく、という手もある

買に行く店舗がオリジナルチキンだけの予約を受け付けてくれない、
それでもケンタッキーのチキンは食べたい、
だけどクリスマスメニューは要らない、

というなら相当な時間待つ覚悟で当日店舗に行くしかない、ということになります。

でも、できるなら少しでも待ち時間は短くしたいものですよね。

予約のお客が多くて予約以外のチキンが作れなくなるのは主にクリスマスイブの午後から夕方ですから、クリスマスイブでも早い時間帯であれば比較的早く買えるかもしれません

ただ「ケンタッキーのチキンは一回冷めてしまうと美味しくなくなるんだよなぁ」って思っていませんか?

この冷めたら美味しくなくなってしまう原因は、実は単に冷たくなったからではなく、密閉された容器に入ったまま冷えてしまったからなのです。

できたてのチキンというのはアツアツで湯気が出ますよね。

この湯気が密閉された容器の中にこもったまま冷えてしまうと、湯気が冷えて水滴になり、この水分のせいで皮がふにゃふにゃになってしまうんです。

ケンタッキーのチキンの美味しさは皮の部分に凝縮されているので、皮が水分でふにゃふにゃになってしまうことでチキンの味を台無しにしてしまうのです。

これを防ぐには、チキンを買ったらなるべく早く、湯気がこもらないように別のお皿などに移して冷ますことです。このとき、なるべくチキンが重ならないように平たく並べてくださいね。

こうしておけば、早い時間に買っておいたチキンでも、食べるときに温めれば元の美味しさに近い状態で食べることができますよ。

オリジナルチキン以外の通常メニューは?

クリスマスメニューが販売されている期間は、通常メニューの一部のメニューは販売が停止されます。オリジナルチキンやフライドポテト、ナゲット、ビスケットなどの定番メニューは販売しますが、サンド系やクリスマスメニューで使われていないサイドメニューなどは販売されません。

予約されたクリスマスメニューの製造と販売で従業員のマンパワーもいっぱいですから、作るのに手間のかからないメニューだけに絞らないと手が回らないのです。

クリスマス期間に外されるメニューは、あらかじめ決まっているものの他に、混み具合によっては店舗の判断で販売中止になるものもあります。クリスマスにオリジナルチキンを買うなら、待ち時間だけでなくサイドメニューも期待しない方がいいのかもしれません。

まとめ

ケンタッキーフライドチキンとしては、クリスマス期間はクリスマスメニューのみに限定して提供することで、効率を上げてたくさんのお客さんをに商品を提供できますし、客単価も上げることができます。

クリスマスメニューの予約だけでフル稼働が続きそうな店舗だと、オリジナルチキンを個別に注文されるのは、あまり歓迎されないかもしれません。でも店舗によって状況も違いますから、まずは前もってお店に買えそうか予想を聞いてみた方がいいと思います。

無事、ケンタッキーのキチンを食べられることをお祈りしています。

スポンサードリンク

コメント

  1. 梅澤 より:

    ていうか客が欲しくないものまで抱き合わせで注文を限定すること自体違法性があると思いますよ。
    本部はそれを知ってるから曖昧にしてるんでしょう!

  2. やえまる より:

    違法なのかどうか私にはわからないですけど、実際ケーキとか要らないですよねー。

    でも、このクリスマスの売上がケンタッキーを支えているのかも?って思ったりもしてます。