鏡餅がカチカチに…食べ方は?固い餅をどうやっておいしく食べる?

松の内が終わったら鏡開きですね。

割と一般的な鏡開きは11日、また関西など幕の内が15日までの地域では15日に行われます。
お供えしてあった鏡餅を下げて、食べることで年神様の力を分けていただき1年間の無病息災を願う行事です。

鏡餅はお汁粉やお雑煮、またはかき餅などにして頂くことが多いと思います。

そこで問題なのは、乾燥してカチカチになった鏡餅ですよね。

最近はスーパーでパックされた鏡餅も売っていて、これならパックを開けるまでは乾燥してしまうことはありません。

では昔ながらの鏡餅の場合、乾燥してカチカチに固くなったお餅をどうやって小さくするのか?どうやって食べられる固さにするのか?
と頭を抱えているのではないでしょうか…。

スポンサードリンク

カチカチ鏡餅は切るのではなく割る

乾燥してカチカチに固くなっている鏡餅は、とてもじゃないですが包丁では切れません。

そこでどうするかというと、割るのです。
そもそも鏡開きの「開き」は割ることを意味しています。

木槌や金槌で鏡餅を叩いて割っていきます。
最初は少しずつ叩いていき、ヒビが入ったところで思いっきり叩くとはじけるように割れていきます。
一口大の大きさまで割っておくと、後で調理がしやすくなります。

そもそも鏡餅は切ってはいけない

でも実はですね、そもそも鏡餅を叩いて割るのは、包丁じゃ切れないからじゃなくて、「切る」のは縁起が悪いから「叩いて割る」ものとされているんです。

「切る」のがダメで「叩く」のはいいのか?と思うかもしれませんが、そいういうことではありません。「切る」というのは『縁を切る』など、縁起が悪い言葉とされていることから、「縁起物である鏡餅を切るのはダメ」ということなんです。

「鏡開き」の『開き』も、「割る」より「開く」の方が縁起がいいので使われているわけです。

スポンサードリンク

そういう意味では、スーパーで売っているパックの鏡餅なら包丁で切ることはできますが、鏡開きの意味を考えると実は包丁で切るのは好ましくないわけですね。

でもパックの鏡餅は乾燥していないので、逆に叩いても割れませんから切るしかないです。実際、パックの鏡餅が入っている箱には、「鏡餅の切り方」なんて説明が書いてあるものもありますし。

「電子レンジや鍋で煮て温めて柔らかくしてから適当な大きさにちぎる」という方法はありますけども、そこまでするか?っていう話もありますよね。

この辺は時代が変わっていることもありますから、どこまで気にするか?だと思います。

ガンコな固さは水に浸して

さてカチカチ鏡餅ですが、叩いてもなかなか割れない場合は中の方が乾燥しきっていない状態です。乾燥していないときれいに割れません。

この場合は、叩いて割ることをあきらめて、大きめのボールに水を入れお餅をしばらく浸しておきます。
浸す時間はお餅の大きさにもよりますが、小さいもので4~5時間、大き目のもので半日程度浸しておきます。

手で砕ける固さになりますので、一口大の大きさに砕きます。

熱を加えれば餅は再び柔らかくなる

水に浸してもなかなか細かく砕けない超頑固な鏡餅の場合は、熱で柔らかくして小さくちぎっていきます。

水分が残っている状態で電子レンジにかけるか鍋で煮ます。

この場合、熱を加えすぎると餅が柔らかくなりすぎてデロデロになってしまうので注意が必要です。

電子レンジの場合も鍋で煮る場合も、少しずつ様子を見ながら時間をかけて温めましょう。

まとめ

小さくしたお餅は、お汁粉やお雑煮、かき餅などで食べるのが一般的だと思います。
あとは餅巾着にして煮ても美味しいです。

お汁粉やお雑煮に入れるお餅は、電子レンジや鍋で煮て柔らかくしたままでもいいのですが、やはり表面を香ばしく焼いた方が美味しいですよね。

またかき餅を揚げる場合、お餅の水分をよく切っておくのを忘れないでくださいね。

鏡餅を美味しく食べて年神様のパワーを頂きましょう。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする