ホワイトデーのお返しの意味は?クッキーが無難?個包装にしよう

公開日: 

ホワイトデーでお返しするスイーツに意味があるって知っていましたか?

お返しを何にするか考えるだけでも悩ましいのに、意味まで考えて選ばないといけないのかも…、と思うと余計に気が重くなってしまうかも。

ここではホワイトデーにお返しするスイーツの選び方を、スイーツの意味も含めながらご提案します。

スポンサードリンク


ホワイトデーのお返し それぞれスイーツの意味は?

ホワイトデーにお返しするスイーツに意味があると言っても、実はマシュマロ、クッキーとキャンデーだけなんです。

では、それぞれのスイーツの意味はどんなでしょう。

マシュマロ

マシュマロは2つの真逆な意味を持っています。

ホワイトデーのお返しにマシュマロをと言われ出した当初は、「あなたの愛(チョコ)を純白で包む」という意味でした。

これがいつの間にか「あなたが嫌い」という意味になってしまいました。
口の中に入れると、すぐに溶けてなくなってしまうことから、こういう意味になったと言われています。

現在のマシュマロ意味は、「嫌い」の意味の方が圧倒的にのようです。

クッキー

クッキーは「ずっと友達で」という意味です。

サクッとしている軽い食感から、特別な関係でなく軽い関係で、ということのようです。

キャンデー

キャンデーは「好きです」という意味があります。
甘くて長い時間楽しめるものであることから、ずっと甘い時間をすごしたい、という意味が込められているのだそうです。

 
ちなみに、ホワイトデーのスイーツとして割と新しめなバームクーヘンやマカロンには特に意味はなさそうです。


ホワイトデーのお返し無難なのはクッキー?

こういう意味があるとなると、特に義理チョコののお返しに無難なのはクッキーですね。

実際のところ、マシュマロを好きでない女性は意外と多いそうですから、意味合い以前にマシュマロは避けた方が無難のようです。
キャンデーもそんなに減るものじゃないので、あまりたくさんもらっても困りますよね。

スポンサードリンク

これに比べてクッキーはみんなに好かれているお菓子です。
そういう面からみてもクッキーなどの焼き菓子がおススメです。


ホワイトデーまとめてお返しなら個包装は必須

職場などでホワイトデーのお返しは、それぞれに個別に用意するか、箱入りのお菓子などをまとめて用意するかも悩みどころです。

どちらがいいと一概には言えませんが、まとめて用意する場合は注意が必要です。

基本は、個包装されていることです。
個包装されていないと、配りにくいですし、配ったらすぐに食べてもらわないといけません。
ホワイトデー当日は、たくさんのお菓子をもらうのですから、すぐに食べないといけない状態で渡すのは気配りが足りません。
またシフトなどでホワイトデー当日来ない人にも行き渡るように、ということも考えないといけません。

そういう意味で、まとめて用意する場合でも個包装されているものを選ぶようにしましょう。

もちろん、休憩時間に女性が集まって取り分けることが可能な職場なら、ホールのケーキもありだと思います。
ただ、男性陣がみんなケーキというとこれまた困ってしまいますので、日持ちのしないものや個包装されていないものを渡そうと思っている場合は、まわりの男性人との歩調も大事かもしれません。

楽天のホワイトデー特集


まとめ

実際のところ、女性がどのくらいお返しの意味を意識しているのかはわかりません。

知らない方もいることでしょう。
ただ逆に意外とそういうことを気にする人もいます。

そういう意味ではクッキーが無難なのかもしれません。

ちなみにチョコレートは、チョコを渡してチョコ返しになるのでヒネリがないと思われてしまうそうです。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

コメントを残す

PAGE TOP ↑