エンジェルロードの行き方|どのフェリー、どのバスに乗る?

恋人の聖地として有名なエンジェルロード。干潮時にしか現れない道の真ん中で手をつないだカップルは願いが叶うと言われているいます。

エンジェルロードがある小豆島は香川県にあるのですが、小豆島に行くには、フェリーや高速艇などの海路のみになります。

この記事では、小豆島へのアクセス方法や、小豆島に着いてからのエンジェルロードへの行き方について紹介します。

スポンサードリンク

小豆島エンジェルロード行き方|エンジェルロードの最寄りの港は土庄港

小豆島にある港の中で、エンジェルロードに一番近い港は土庄港になります。土庄港からなら、徒歩でもエンジェルロードに行けるくらいの距離です。

特にエンジェルロードへ日帰りで行くつもりなら、絶対に土庄港から行くことをおススメします

土庄港へのアクセスは、本州からなら岡山県の新岡山港と宇野港、四国からなら香川県の高松港から船で行きます。

岡山県 新岡山港から

新岡山港から土庄港へは、両備フェリーが運航しています。1日に13便、片道約70分で行くことができます。

両備フェリーはWeb予約ができないので、086-274-1222 へ問い合わせてください。

岡山県 宇野港から

宇野港から土庄港へは、小豆島豊島フェリーが運航しています。宇野港から土庄港へは直行便ではなく、豊島を経由します。1日にフェリーが3便、旅客船が3便運航していて、フェリーは宇野港から土庄港まで約1時間半、旅客船なら1時間で行くことができます。

小豆島豊島フェリーもWeb予約はできないので、フェリー乗り場で切符を買います。

香川県 高松港から

高松港から土庄港へは、小豆島フェリー>が運航しています。フェリー>と高速艇が運航しており、フェリーが1日に15便、高速艇は夜間便1便を含めて16便となっています。所要時間はフェリーなら1時間、高速艇は35分です。

車でフェリーに乗る場合のみWebから予約することが可能です。フェリーに人間だけ、または高速艇の場合は予約できないので、当日乗り場で乗船券を買うことになります。

飛行機を使われる場合は、高松空港から高松港を経由するのが最も簡単です。

土庄港からエンジェルロードまでの行き方

土庄港からエンジェルロードには、路線バス【小豆島オリーブバス】で行くことができます。土庄港から出発する西浦線(東廻り)と田ノ浦映画村線(映画村行き)が使えます(次章で詳しく説明してます)。

また土庄港からエンジェルロードまで、2kmちょっとです。すぐそば、というわけではありませんが、高低差もそれほどではなく、歩けない距離でもないので、のんびりと歩いていくのもいいのではないでしょうか?

土庄港からエンジェルロードに歩いて行く途中でちょっと寄り道をして『土渕海峡』や『迷路のまち』を散策してみるのもアリです。

特にフェリーの時間とエンジェルロードを渡れる干潮の時間が空いている場合などの時間におススメです。

エンジェルロードを渡れる時間は、小豆島国際ホテルのページに調べたい日にちをピンポイントで調べられるので便利です。

小豆島国際ホテルのホームページ

せっかくエンジェルロードに行くのですから、渡れる時間をしっかり事前に確認して下さいね。干潮の時間は1日2回ありますが、1回は夜中だったりするので、チャンスは1回しかないことも多いのです。

エンジェルロードへ路線バスを使って行くなら?

エンジェルロードには、小豆島の路線バス【小豆島オリーブバス】を使って行くことができます。

最寄りのバス停は『国際ホテル』で、バス停から徒歩3分でエンジェルロードです。

『国際ホテル』に停まるバスは、西浦線と田ノ浦映画村線の2つの路線です。

西浦線

土庄港から出発して小豆島の東を循環するバスです。土庄港からエンジェルロードに向かう時は『東廻り』、帰る時は『西廻り』に乗ります。【時刻表】

  • 土庄港からエンジェルロードまで10分ちょっと
  • 東廻り、西廻りとも1日に5本ずつ

田ノ浦映画村線

土庄港から二十四の瞳映画村までを結んで、小豆島の南側を走るバスです。【時刻表】

スポンサードリンク
  • 土庄港からエンジェルロードまで10分ちょっと
  • 1日に4往復

田ノ浦映画村線は、土庄港だけでなく、坂手港・草壁港・池田港にも停車します。特に坂手港は神戸とフェリー航路があるので、フェリーで神戸と行き来するつもりなら、田ノ浦映画村線を利用する価値があります。草壁港と池田港は、高松港との航路しかありませんから、エンジェルロードに行くなら上で説明した通り土庄港へ向かった方がいいと思います。

また、『オリーブ公園』や『二十四の瞳映画村』にも停まりますから、時間が合えば、エンジェルロードと一緒に周ることも可能になります。ただ、田ノ浦映画村線は1日に4往復しかありませんから、時間の自由度はあまりありません。

もしエンジェルロード以外にも小豆島をオリーブバスで周るなら、『小豆島フリー乗車券』を買った方がお得になるかもしれません。
【オリーブバスのフリー乗車券のページ】

エンジェルロードの他にも小豆島を周るならレンタカーかタクシー

エンジェルロードの他にも小豆島の観光スポットを巡るなら、やはり車での移動の方が圧倒的に便利です。上で紹介した路線バスの田ノ浦映画村線などもありますが、バスの本数が少ないため時間的制約が大きいです。

または脚力にある程度の自信があって、天候に恵まれればレンタルサイクルという方法もありますが…。

車の場合、フェリーを使って自分の車で小豆島へ乗り入れる、小豆島でレンタカーを借りる、あるいはタクシーを使うことになりますね。

タクシーは、「5人乗り(運転手除く) 8時間コース 40,800円」などのコースがありますが、詳細な料金は実際に行きたいところと日程をタクシー会社と相談して決めることになります。

小豆島のタクシー会社は以下の2社です。

  • かんかけタクシー 小豆島町…0120-180700
  • 小豆島交通(株)土庄営業所…0120-087966

レンタカーの場合、小豆島内にレンタカー会社はいくつもありますし、ホテルでレンタカーを用意しているところもあります。宿泊するホテルでレンタカーがあるなら、宿泊者割引などがある場合もありますから、ホテルに問い合わせてみるといいと思います。

小豆島の各港の近くにあるレンタカーは以下の通りです。

【土庄港】
オリックスレンタカー
マリンレンタカー
エンジェルレンタカー(土庄港から徒歩5分)
小豆島レンタカー(土庄港への無料送迎あり)

【草壁港】
内海フェリーレンタカー

【福田港】
マリンレンタカー

【坂手港】
Jネットレンタカー

エンジェルロードに車で行くならフェリーで。小豆島行きフェリーが出発する港

小豆島へご自分の車で乗り入れるなら、以下の港から小豆島へのフェリーが運航されています。

神戸新港から坂手港:小豆島ジャンボフェリー
高松港から土庄港:小豆島フェリー
高松港から池田港:小豆島国際フェリー
高松港から草壁港:内海フェリー
高松東港から坂手港:小豆島ジャンボフェリー
姫路港から福田港:小豆島フェリー
新岡山港から土庄港:両備フェリー
日生港(岡山)から大部港:瀬戸内観光汽船
宇野港(岡山)から土庄港:小豆島豊島フェリー

エンジェルロードには、無料の駐車場があります。無料駐車場には十分なキャパシティーがありますが、もし満車の場合はすぐそばの小豆島国際ホテルの駐車場に200円で駐車することもできます。

エンジェルロードの詳細や楽しみ方はこちらの記事にまとめてありますので、こちらも参考にしてください。
⇒【小豆島のエンジェルロードが渡れる時間は?アクセスはどの港から?

スポンサードリンク