洗い流さないトリートメントの使い方|ボリュームやくせ毛のお悩みに

公開日:  最終更新日:2017/09/21

痛んでパサついた髪のケアにも、ボリュームがなかったりくせ毛でセットが決まらない髪にもいいと言われている洗い流さないトリートメント。

こういう口コミは知っているんだけど、なんとなく洗い流さないことに抵抗があって、洗い流さないトリートメントに手が伸びないあなたへ。

ここでは、洗い流さないトリートメントのホントのところはどうなの?について紹介します。

スポンサードリンク

洗い流さないトリートメントでボリュームアップ

トリートメントを洗い流さないと、髪の毛がベタついて重たくなってしまうのでは?と心配になっている方も多いと思います。
髪が重くなってベタっとしてしまうと想像されているかもしれません。

ですが使ってみると、ご想像とは正反対になることに驚かれるでしょう。

洗い流さないトリートメントは、髪になじみやすく、べとつきはありません。
そして髪になじんだ後は、むしろサラサラでツヤツヤ、しかもボリューム感がでます。

髪の毛の細い方でも、髪にコシがでてボリュームを感じられるようになります。

このおかげで、朝のセットが決まるようになります。

この洗い流さないトリートメントは、くせ毛で必要以上にボリュームが出てしまったりバサバサになってしまう髪には、ボリュームを抑えてまとまりを与えます。
くせ毛特有のチリチリ感がなくなり、いつも引っかかっていた指通りがスムーズに。

髪の保守力もアップしますから、1日中うるおいのある髪をキープすることができます。

洗い流さないトリートメントの使い方は?

洗い流さないトリートメントの使い方は簡単。
お風呂上りのタオルドライした髪になじませてドライヤーで乾かすだけです。

あまり多くつける必要はありません。
毛先を中心に髪全体へなじませます。

髪は自然乾燥させると、髪の毛の水分が蒸発してしまうので、ドライヤーで乾かした方が痛みが少なくなります。
これに加えて洗い流さないトリートメントの多くの製品は、ドライヤーの熱に反応して髪のダメージを修復する働きを持っていますので、ドライヤーで乾かすことは髪のためになるのです。

スポンサードリンク

また、洗い流さないトリートメントは髪をしっかりとコーティングします。
このコーティングが紫外線による乾燥やホコリなどから髪を保護してダメージを防ぐこともできます。

洗い流さないトリートメントの中でおススメはリシリッチ

洗い流さないトリートメント製品は数多く販売されていますが、筆者の1番のおススメは「リシリッチ」です。

リシリッチはノンシリコーンであるのに、サラッサラでツルツルの手触りになります。
無添加で、オーガニック植物オイルなどの美容成分が50種類も配合されています。

その上ワサビノキ種子エキス・サトウキビエキスが、紫外線による乾燥やニオイ・ホコリから髪を守ってくれます。

もちろん、ドライヤーの熱で髪の毛のダメージを補修する成分も配合されています。

お風呂上りだけでなく、朝の乾いた髪にも使うことができるのもおススメな点です。

▼筆者の1番のおススメ▼

ドラッグストアーなどでは販売されていない、ネット通販オンリーで購入できる製品となります。

ドラッグストアーなどでも買えるお手軽なものなら「ラサーナ 海藻ヘアエッセンス」がおススメです。
国内売上7年連続No.1の人気商品です。
海藻クレンジングオイル

さいごに/まとめ

洗い流さないトリートメントを使うのに大事なことは、つけ過ぎないことと、頭皮にはつかないようにすることです。
少量ずつ手に取って、毛先を中心に付けていくようにして、髪全体へなじませていきます。

洗い流さないトリートメントを使って、朝のまとまりを体感されてみてはいかがでしょう?

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

コメントを残す

PAGE TOP ↑