30代女性の白髪 対策は?染めないのはアリ?目立たない髪型は?

まだ30代なのに白髪が多くて、毎月毎月、白髪染めが欠かせない。

そのせいで髪が痛んで仕方がない、地肌がかぶれてしまう。
それに何より毎月美容院に行くのが面倒。

もういっそのこと白髪染をやめてしまいたい…、とお悩みではありませんか?

白髪染め以外に白髪の対策はあるのでしょうか?

ここでは女性の白髪について対策と目立たない髪型を紹介します。

スポンサードリンク

30代の女性 白髪の対策はカラー?それともカラートリートメント?

白髪になるメカニズムとは?

ところで白髪ができるメカニズムはどういうものなのでしょうか?

白髪になるのは、遺伝的要素や加齢、ストレスのために毛根の色素細胞は能力が衰えていき、メラニン色素が減少して髪の色が薄くなるせいだと言われています。

そして毛根の色素細胞自体は働いていても、色素を作るためのアミノ酸やミネラルなどの栄養が不足しているせいでメラニン色素が作られず白髪になってしまうこともある、というのが最近わかったみたいです。

30代で白髪の場合、加齢でというには早いですから、栄養不足で白髪になってしまった可能性もありそうですよね。

白髪の対策はどうする?

白髪の対処としてオーソドックスなのは、生えてきた白髪を外から黒くする対処療法的な白髪染めやカラートリートメントですよね。

ただ白髪染めは、髪や地肌へのダメージが気になります。

最近の染毛剤は、以前に比べれば髪や地肌へのダメージも減ってきてはいますが、それでもやはりしっかり染めるものほど髪や頭皮へのダメージは大きいものです。

髪は痛んでバサバサに、地肌にも刺激が強くて痒みやかぶれてしまったりするのは程度の差こそあれ、誰もが覚悟しなければいけなくなります。

また定期的に美容院に行って何時間もかけてカラーするのも地味に面倒ですし、料金も安くないですからね。でも自分でやるタイプのやつだと、思ったように上手くいきません。

一方カラートリートメントだと、髪や地肌へのダメージは気になりませんが、その代わり持続性がないので、今度はマメに染めないといけません。1回の所要時間は30分程度ですから「慣れてしまえば手間は気にならない」という方も多いかもしれませんが、忙しいときはその30分も惜しくてついつい先延ばしなんてことも…。

結局のところ、白髪を黒くするならば、手間と髪や頭皮へのダメージとお財布を天秤にかけながら白髪を染めるしかありませんでした。

女性の白髪 染めないという選択肢はあり?

髪や地肌が弱かったり、そもそも白髪を染めるのが面倒だったりで、「いっそ白髪を染めないでそのままにしておきたい!」、と思われている方も多いのではないかと思います。

では実際のところ、『30代で白髪交じりの髪のまま』というのは周りからどのように見られるのでしょうか?

・実年齢よりも確実に10歳以上老けて見える
・白髪と黒髪が混ざった長い髪は不潔な印象を受ける
・身なりを気にしない人、だらしない、ズボラな人という感じを受ける
・貧相に見える
・苦労していそう…

といった意見が多いようです。
いいことが全くありませんね。というか白髪のせいでマイナスの印象を与えてしまいます。

また白髪の毛は細くてコシがないので、特に白髪の割合が多いと髪全体のボリュームも出にくく、また地肌が透けているように見えてしまうので余計に老けて見えたり貧相に見えたりしてしまうのです。

ですから、白髪をそのままにしておくにはそれなりの覚悟は必要で、やはり周囲からの目を気にするのであれば、絶対に何かしらの白髪対策をした方がいいのかもしれません

そういう意味では、白髪は染めた方が無難ではあります。

しかし、それでもやっぱり染めないことにするでのあれば、白髪が目立たない髪型にする、身だしなみをこれまで以上にきちんとする、ということに気をつける必要があります。

髪型や身なりをきちんと整えることで、老けて見えるのは避けられないかもしれませんが、だらしなく見えたり貧相に見えてしまう部分はカバーできるはずです。

新しい白髪対策の方法

白髪になる原因に栄養不足がある、というのを上で説明しました。

染める以外の白髪対策として、アミノ酸やミネラルなどの栄養をしっかり摂れば、白髪が改善する可能性もあるのです。

スポンサードリンク

人間の身体というのは、生きていくために重要なところから栄養を消費していきます。そういう意味では髪の色なんかは、かなり後回しにされるところです。ですから十分に栄養を摂っていなければ髪の毛まで栄養が回らない、ってこともあるのです。

ごま、ひじきやワカメなどの海藻類、ウコン、豆などなど毎日しっかり食べれば、やがて髪の状態が良くなってくるはずです。

とはいえ毎日毎日髪の毛のためにそこまで食事に手間をかけるということも、また難しい問題ですよね。そういう人のために白髪のためのサプリメント【黒椿】が出ました。

黒々艶やかな髪本来の美しさを取り戻す、白髪ケアサプリメント【黒椿】

少しずつの変化かもしれませんが、あなたの髪がいい感じになっていく期待はきっと持てますよ。

女性で白髪の目立たたない髪型はどいういうもの?

白髪を染めないのなら、少しでも白髪が目立たないようにしたいものです。では白髪が目立たない髪型はどのようなものでしょうか?

まず長さはショートやショートボブなど、短めで肩につかないくらいの長さにしましょう
そしてストレートではなく、ゆるふわのパーマをかけてふんわりさせると、白髪は目立たなくなります。

また分け目をつけると、そこから根本が見えてしまいますから、分け目は作らないようにします。

もし状況が許すなら、ベリーショートという選択肢もありです。清潔感のあるさっぱりしたベリーショートなら、白髪のマイナスイメージを軽減することができます。

逆に白髪が目立つのはロングのストレートです。

ストレートだと白髪をカモフラージュするのが難しくなります。また、髪が長くなるとどうしても分け目がハッキリしてしまいますから、そこで白髪が目立ってしまいます。

また、ハーフアップや網み込みをすれば白髪が隠せそうですが、逆に白髪が表面に出てきて目だってしまいます。

長い髪に白髪が混じっているのは意外と目立ちますし、マイナスの印象が強くなってしまいます。やはり、白髪を染めないのであれば髪は短くした方がいいです。

でも「髪は長めにしたい」、「短い髪には抵抗がある」のであれば、やはり白髪は染めた方がいいと思います。あと、「まだまだ40代には見られたくない!」という方も、染めた方がいいのかもしれませんね。

染めるのであれば、髪や地肌のことを考えると、カラートリートメントの方がいいのかな、と思っています。最近発売になった、『マイナチュレ カラートリートメント』が、よく染まって髪や地肌にもいいみたいです。

マイナチュレ カラートリートメント

さいごに/まとめ

白髪は染めない方が楽だと思えますが、実はそんなことはありません。

白髪でもネガティブな印象を与えないようするためには、白髪を染め続けるのと同じくらいの手間がかかるものなのです。

ツヤを出したり、ペタンコにならないようにボリューム感を出したり、マメにカットをしたり、といつも手入れをしていないといけませんし、髪以外の身だしなみにもより気を配らなといけません。

結局、白髪を染めようと染めるのをやめようと、ネガティブな印象を与えない、綺麗に見せるためにはそれなりの苦労がある、ということです。そういう意味では、髪の栄養サプリ【黒椿】で栄養補給して白髪が少しでも改善できれば嬉しいですよね。

黒々艶やかな髪本来の美しさを取り戻す、白髪ケアサプリメント【黒椿】

スポンサードリンク