30代女性の白髪 対策は?染めないのはアリ?目立たない髪型は?

公開日:  最終更新日:2017/09/21

まだ30代なのに白髪が多くて、毎月毎月白髪染が欠かせない。
そのため髪が痛んで仕方がない。
もういっそのこと白髪染をやめてしまいたい…、とお悩みではありませんか?

白髪染以外に白髪の対策はあるのでしょうか?

ここでは女性の白髪について対策と目立たない髪型を紹介します。

スポンサードリンク

30代の女性 白髪の対策はカラー?マニキュア?トリートメント?

白髪ができるメカニズムはどういうものなのでしょうか?

加齢やストレスのために毛根の色素細胞は能力が衰えていき、メラニン色素が減少して髪の色が薄くなるせいだと言われています。
ですが、実は正確なメカニズムは現在のところ解明されていないようです。

白髪ができるメカニズムが解明されていないので、その対策もまたわかっていません。

ということで白髪に対する対処は白髪染しかないようです。

ただ白髪染は、髪や地肌へのダメージが気になりますよね。
最近の染毛剤は、以前に比べれば髪や地肌へのダメージも減ってきてはいますが、それでもやはりしっかり染めるものほどダメージは大きいもの。

ダメージの少ないマニキュアですと今度はマメに染めないといけません。

結局、ダメージの軽さをとるか、白髪を染める頻度を少なくするか、の選択になってしまいますよね。

女性の白髪 染めないという選択肢はあり?

ただ髪や地肌が弱かったり、そもそも白髪染が面倒だったりで、いっそ白髪を染めないでそのままにしておきたい…、と思われている方も多いのではないかと思います。

とは言え、60歳を超えている女優さんや有名人には完全に白髪な方もいらっしゃいますが、30代40代では皆無ですよね。

実際のところ、30代で白髪交じりの髪のままでいるとどのようみ見られるのでしょうか?

スポンサードリンク

・実年齢よりも確実10歳以上老けて見える
・白髪と黒髪が混ざった長い髪は不潔な印象を受ける
・身なりを気にしない人、だらしない、ズボラな人という感じを受ける
・貧相に見える

といった意見が多いようです。
いいことが全くありませんね。

やはり周囲からの目を気にするのであれば、白髪は染めておいた方が無難のようです。

もし染めないことにするでのあれば、髪は短めにして、身だしなみをこれまで以上にきちんとしないと、周囲からはだらしなく見えてしまいまそうです。

▼白髪を手軽に染めるトリートメントカラーなら▼

女性で白髪の目立たたない髪型はどいういうもの?

白髪が目立たない髪型はどのようなものでしょうか?

まず長さはショートやボブなど、短めで肩につかないくらいの長さがいいようです。
そしてストレートではなく、ゆるふわのパーマをかけてふんわりさせると、白髪は目立ちません。

また分け目をつけると、そこから根本が見えてしまいますから、分け目は作らないようにします。

逆に白髪が目立つのはロングのストレートです。
ストレートは白髪をカモフラージュするのが難しくなります。

また、ハーフアップや網み込みは白髪が隠せそうですが、逆に白髪が表面に出てきて目だってしまいます。

やはり髪は短めの方がいいようです。

さいごに/まとめ

白髪は染めない方が楽だと思えますが、実はそんなことはありません。

白髪の頭を綺麗に見せるには、白髪を染め続けるのと同じくらいの手間がかかるものなのです。

ツヤを出したり、ペタンコにならないようにボリューム感を出したり、マメにカットをしたり、といつも手入れをしていないといけません。

結局、白髪を染めようと染めるのをやめようと、綺麗に見せるにはそれなりの苦労がある、ということですね。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

コメントを残す

PAGE TOP ↑