国営ひたち海浜公園 ネモフィラが見頃の時期は?アクセスは?

公開日:  最終更新日:2017/04/25

『国営ひたち海浜公園』は1年を通して多くの花を見ることができます。

その中でも3.5haもある広大な「みはらしの丘」一面に広がる約450万本ものネモフィラは国営ひたち海浜公園の代表的な花の一つです。
ゴールデンウィークの前後に渡って見ごろを迎えるネモフィラを見に、毎年多くの観光客が訪れます。

ここでは、国営ひたち海浜公園のネモフィラの見ごろの時期や、アクセスについて紹介します。

スポンサードリンク


国営ひたち海浜公園のネモフィラ 見頃の時期は?

「死ぬまでに行きたい!世界の絶景」のひとつと言われる、国営ひたち海浜公園の「みはらしの丘」を青一色に染めるネモフィラですが、4月の下旬から見ごろを迎えます。
見ごろのピークはその年の気候や気温にもよりますが、例年ですとゴールデンウィークに入る頃が多いですね。

【2017年開花状況】
4月25日、見に行ってきました! ばっちり見頃です。
ゴールデンウィーク中は見頃となる見込みです

ひたち海浜公園では、このネモフィラの見ごろの時期にあわせて『ネモフィラハーモニー』が開催されます。
2017年の『ネモフィラハーモニー』開催期間は、4月22日(土)から5月14日(日)となっています。ネモフィラハーモニー開催期間中は毎日開園しています。

450万本ものネモフィラが植えられ、360°ネモフィラのパノラマが楽しめるみはらしの丘は、ひたち海浜公園のなかでも最も高い位置にあり、太平洋までも見ることができます。
特に晴天の日ならば、ネモフィラの青さと空の青さ、それに太平洋の海の青さが融合されたとても美しく幻想的なパノラマを体験することができます。

特に4月29日(土・祝)から5月7日(日)の期間は、朝7時30分の早朝開園となります。普段は見ることができない朝露に濡れたネモフィラも楽しむことができますよ。

ひたち海浜公園で植えられているネモフィラは「インシグニスブルー」という品種で、ひとつひとつは可憐な花なのですが、450万本もあると圧巻の一言です。


春の国営ひたち海浜公園にはチューリップ、菜の花やポピーも

国営ひたち海浜公園の広大な敷地の中にはネモフィラ以外にも春の花々が植えられています。

  • スイセン(スイセンガーデン)…3月下旬~4月中旬(3/25~4/7 スイセンファンタジー開催)
  • チューリップ(たまごの森フラワーガーデン)…4月中旬~4月下旬(4/8~4/21 チューリップWorld開催)
  • 菜の花(みはらしの里)…4月中旬~5月中旬
  • ポピー(大草原フラワーガーデン)…5月中旬~6月上旬
  • ハナモモ(スイセンガーデン)…4月中旬~4月下旬

…などなど

【4月25日に、実際に見に行った感想】
チューリップ→見頃です
スイセン→遅咲きの種類が見頃
菜の花→見頃、は少し過ぎたかも…

ひたち海浜公園のネモフィラひたち海浜公園のチューリップひたち海浜公園のスイセン

ネモフィラの咲く「みはらしの丘」の行き方

ネモフィラが咲いている「みはらしの丘」へ行くなら、『西口・翼のゲート』から入園するのが一番近いです。『西口・翼のゲート』から800mほど歩くと「みはらしの丘」へ到着です。大人の足なら歩いて10分程度の距離ですね。
車で行く場合は「西駐車場」を目指しましょう。

『西口・翼のゲート』から「みはらしの丘」へ行く途中には、チューリップが咲く「たまごの森フラワーガーデン」や菜の花が咲いている「みはらしの里」があります。

また、ポピーの咲く「大草原フラワーガーデン」までは「みはらしの丘」から900m、徒歩11分程度の距離です。

スポンサードリンク

ただ、チューリップやポピーが咲く時期は微妙にずれてるので、全部一緒に見るのは難しいかもしれませんが、チューリップならネモフィラの見ごろの前半、ポピーなら後半に行くと一緒に楽しめそうですね。


国営ひたち海浜公園の入場料は?アクセスは?

リーズナブルな入園料

国営ということもあって入園料はとてもリーズナブルです。

  • 大人(15歳以上)400円
  • シニア(65歳以上)200円
  • 小中学生80円

こどもの日の5月5日(金・祝)は入場料無料、ネモフィラハーモニー最終日5月14日(日)は小中学生が入場料無料となります。

車でのアクセス

北関東自動車道を終点まで行き、そのまま常陸那珂有料道路へ入ります。
常陸那珂有料道路「ひたち海浜公園IC」の出口を出た交差点を左折して、西駐車場を目指します。
国営ひたち海浜公園の駐車場空き状況速報

交差点を左折してから西駐車場までの間に、「海浜公園翼のゲート」交差点があるのですが、ここは路線バス用のロータリーとなり一般車は進入できませんので注意して下さい。

■ひたち海浜公園ICが混雑している場合の迂回ルート
もし常陸那珂有料道路の「ひたち海浜公園IC」出口が渋滞している場合は、一つ手前の「ひたちなかIC」を降りる迂回ルート(ア)、または次の「常陸那珂港IC」で降りる迂回ルート(イ)があります(「ひたち海浜公園IC」から「常陸那珂港IC」までの区間は無料です)。

(ア)「ひたちなかIC」を降りる迂回ルート
「ひたちなかIC」の出口(地図のB地点)を左折し、国道245号線を北上します。
「総合運動公園入口」交差点を右前方向に右折し、その後2つ目の信号を右折します。
T字路にでたら左折して西駐車場(地図のA地点)を目指します

 

(イ)「常陸那珂港IC」から迂回するルート
「常陸那珂港IC」の北埠頭方面出口(地図のB地点)を出て、最初の交差点を左折します。
L字の右カーブを曲がって進むと、直進・左折の三叉路がありますので、ここを公園に沿って左折します。
T字路にでたら左折して進むと西駐車場入り口(地図のB地点)に出ます。

 

■常磐道を利用される場合
日立南太田ICですと、国営ひたち海浜公園まで約15kmです。
日立南太田IC→国道6号線→県道31号線→国営ひたち海浜公園

東海スマートICが利用できる場合は、約13㎞となります。
東海スマートIC→県道62号線→国道6号線→県道31号線→国営ひたち海浜公園

電車でのアクセス

常磐線勝田駅で下車します。

  • 東京方面からなら、品川駅から勝田駅まで特急で約85分です。
  • 福島方面からなら、いわき駅より勝田駅まで特急で約60分です。

勝田駅からは国営ひたち海浜公園までは、「茨城交通バス」または「ひたちなか海浜鉄道湊線+ひたちなか海浜鉄道湊線」を使います。

  • 勝田駅の東口から茨城交通バス(2番乗り場)でひたち海浜公園へ。
  • ひたちなか海浜鉄道湊線に乗り換え阿字ヶ浦駅まで乗車。阿字ヶ浦駅からスマイルあおぞらバスにて海浜公園西口下車(約10分)か 徒歩で約20分。

バスでのアクセス

茨城交通の高速バスを利用します。
以下の区間で高速バスがあります。

  • 東京⇒海浜公園入口
  • 宇都宮⇒海浜公園西口
  • 仙台駅⇒勝田駅

 

国営ひたち海浜公園へのアクセス【楽天たびノート】

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

コメントを残す

PAGE TOP ↑