和装コートを着る季節はいつからいつまで?着ないのはマナー違反?

公開日: 

着物で意外に難しいのが和装コートの着かたではないでしょうか?

和装コートを着る季節はいつからいつまでなのか決まっているのでしょうか?

「帯つきは、はしたない」ということを聞いたこともありますし。
でも、寒くもないのに無理に羽織るのもなぁ…とも思います。

こんな和装コートについて言われているあれこれについて紹介します。

スポンサードリンク


紅葉から桜まで

一般的に言われるのは、「紅葉から桜まで」は何かを羽織る、ではないでしょうか。
これは単純に外出時、寒くなったら羽織やコートを羽織って温かくなってきたら羽織らない、ということですよね。
それであれば、至極シンプルでいいのですが…。

一方で、本当に暑い盛り以外の外出時は何かしら羽織るべき、という考えの方もいます。
特に年配の方はこう考えている方が多そうです。

この両者は、どちらが正しいというのは難しいようです。
 

羽織は、洋服でいうジャケットに相当するので、少しかしこまった席では羽織っていた方が良い、とも言われます。
また、外出時に着物の埃よけを目的として羽織るというべき、という話もあります。

スポンサードリンク

一方で、せっかくの帯を隠してしまうのはもったいないから桜の時期が過ぎたら帯つきで良い、という考えもあります。


礼装時の移動には基本必須

礼装をしている時の移動時は、道中コートを羽織ることがルールです。
イブニングドレスやパーティードレスのままで移動しないのと同じように、礼装時は帯つきでは移動しないようにします。

これはルールであり、また高価な礼装用の着物や帯を移動中のアクシデントから守る意味もあります。

ただ道中コートは洋服のコートと同じですので、着たままでは席につくことはできません。
玄関先や会場に入る前に脱ぐ必要があります。


結局はTPOで

電車やバスなどを使って移動するのであれば、帯や着物を引っかけたりして痛めてしまわないように上に羽織るものがあった方がいいと思います。
ルールというよりも、ご自分の着物を守るためにです。

逆に、普段着で近所に買い物へ行くのに、わざわざ羽織るものは必要ないと思います。

羽織は室内でも脱がなくてよく、また着物に変化をつけるおしゃれ着としても重宝します。
ですが、お茶席では羽織らないことになっています。

結局はTPO、着る着物や移動手段に合わせて羽織るかどうかを決めればいいのではないでしょうか?

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

コメントを残す

PAGE TOP ↑