恵方巻きの具材に決まりはあるの?由来や意味はあるの?

公開日: 

節分に恵方巻きというのは、いつの間にか全国的に一般化されてきていますね。
もともとは大阪が発祥だとか。

それを全国に知らしめて広めたのは海苔業界とかコンビニとか言われていますね。

2015年の恵方は「西南西やや西」になります。

スポンサードリンク


恵方巻きは縁起かつぎ

恵方を向いて太巻きをほおばると願い事が叶う、と言われていますが、これは神事とかではなく商売繁盛、無病息災の縁起を担いだものだったようです。

歳徳神(年神様)の居る恵方を向いて太巻きをほおばることで、歳徳神にあやかろうという訳ですね。
お正月の鏡餅などと違い、恵方巻きはお供えする訳でもなく特に決まり事もないようです。

「恵方を向いて太巻き1本切らずに黙って食べる」
というのはゲンを担ぐためにすることであって、年神様に対しての決まりごとではないんですね。


恵方巻きの具材の基本は?

恵方巻きの具材も、特に「これを絶対入れないといけない」というものは無いようです。
ですが、恵方巻き発祥の地大阪で古くから使われた具材の基本は、

  • かんぴょう
  • きゅうり
  • シイタケ煮
  • 伊達巻(卵焼き)
  • うなぎ/穴子
  • 桜でんぶ
  • お新香

などです。

スポンサードリンク

恵方巻きには、七福神にちなんで7種類の具材を使うとされている説や、節分にちなんで恵方巻き自体や具材を鬼にみたて食べることで鬼を退治するという説もあるようです。

ただ筆者が思うには、どちらの説も元々あった話ではなく、後から付け足されたのではないかと…。
特に、年神様の方を向いて七福神にちなんだ具材をほおばるのも節操がない気がしませんか?

ですので、特に縛られることなく自由な具材を使っていいと考えます。
実際、コンビニやスーパーでも様々な具材が使われた恵方巻きが売られていますよね。


恵方巻きの具材、流行は海鮮?

それぞれのご家庭で恵方巻きを作られているお宅も多いと思いますが、いったいどんな具材が使われているのでしょう?

やはり多いのは一般的なのり巻きの具材を使うか、まぐろやサーモン、イカ、エビ、イクラなどの海鮮を使ったものが多いようです。

この他にも、とんかつ、エビかつ、かまぼこ/かにかま、ツナ(ツナマヨ)、高野豆腐、納豆、レタス、三つ葉、ほうれん草、アボガド、大葉、かいわれ大根、しょうが、菜の花、人参など様々な具材も使われているようです。


まとめ

恵方巻きはコンビニやスーパーが広めた商業主義の行事だ、とよく言われますが、実際古くからある大阪以外の地域はそうなのかもしれません。

ですが節分が行事として楽しくなるのなら、敢えて乗っかるのも悪くないのではないでしょうか。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

コメントを残す

PAGE TOP ↑