引越し業者を決める方法~ネットの一括見積もりから訪問見積もりまで

公開日:  最終更新日:2014/08/06


引越しすることが決まったら、まず引越し業者選びですよね。

大手にした方がいいのか、中小でいいところがあるのか?いくら位かかるのか?
特に初めてですといろいろと心配になってしまいますよね。

実際に筆者が引越しを行ったときの、引越し業者選定方法を紹介します。

スポンサードリンク


まずはネットの一括見積もりから

今は、インターネットで引越しの一括見積もりをすることができるので便利です。

こういったサイトなら、現在の住所や転居先の住所などの情報を一度入力するだけで済ますから、そういう意味でも簡単で便利です。

見積もりを実施すると、各社からのメールが一斉に届いたと同時に、連絡先に登録した電話へ営業の電話がかかってきます(筆者の場合、営業時間内だったからだと思いますが…)。
電話の内容は、「インターネットへ入力された内容よりも詳しく見積もりをしたいので、実際にお宅へ訪問して見積もりをさせてもらえないか」といった内容です。
1社目と話しをしている間にも、2社目、3社目と電話はかかってきます。

実際、最終的には訪問してもらって見積もりをとる必要はあるのですが、電話のかかってきた順番に訪問見積もりの予約をすることはお薦めできません。
まずは、各業者から送られてきたメールを一通り見て、訪問見積もりをしてもらいたい業者の目星をつけましょう。

かかってきた電話には、「一度各社さんのメールの内容を確認してから改めてご連絡します」と答えておけば良いと思います。


訪問見積もりの依頼

訪問見積もりをしてもらう業者の目星がついたら、電話をして訪問見積もり予約をしましょう。
あまり多過ぎても対応が大変になりますが、できれば複数の業者に来てもらって、見積もりを比較した方がいいと思います。この際、必ず大手(例えばアートさんとか)を1社は入れておくようにした方がいいです。
大手の引越し屋さんの見積もりは、色々な意味で基準にできます。

スポンサードリンク

大抵の業者は、訪問見積もりの日にちはすぐに決められますが、訪問する時間については前日に連絡する、ということになるようです。


訪問見積もりでは…

訪問見積もりの際に気にかけておく点は以下の通りです。

値段が安かったからと言って即決はしない。全ての見積もりが終わってから比較して決める。
全部の業者に対して、「おたくの見積もりが一番最初です」と言っておく。

全ての見積もりが揃ったところで、まず価格の前に引越しの内容やサービスの面で比較します。

例えば、作業者の人数。引越し業界は、基本的に車の大きさ、移動の距離、作業する人の数で料金が決まります。ですので、料金を下げるために変動できる要素は作業する人の数だけです。当然作業する人数が少ないほど料金は下げられますが、その分作業に時間がかかることを覚悟しなければいけません。

その他に、ダンボールを無料でもらえるのか?やタンスの中身は入れたままで運んでもらえるのか?など、引越しの準備がどのくらい省けるのか?という点などを比較します。

この比較の中で、一番いいと思った業者へのみ連絡します。そして、一番安かった業者の料金を引き合いに出して、値切りに入ります。
ただし、大手の料金を中小の料金並に下げるのは難しいと思って下さい。大手にはそれなりの作業品質を確保する必要がありますので、ある程度の水準になってしまうのは仕方ありません。

1番目と金額の折り合いがつかなければ、2番目、3番目と交渉していきます。


まとめ

引越しに対して、何に重きを置くかによっても業者の選び方変わってきます。

料金第一なのか、なるべく手間のかからない方がいいのか…

訪問見積もりの際には、こういった自分の重きをおくところをしっかりと営業さんに伝えて、どういう見積もりを出してくるかを見極めたいところです。

営業さんによっては、即決してくれれば料金をここまで下げる、というやり方をしてくる場合もありますが、これに惑わされずに、全ての見積もりをもらって比較することが大事です。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

コメントを残す

PAGE TOP ↑