喪中見舞いにお線香を送るべき?送らない方がいい?考えてみた

公開日: 

最近は、家族葬であったり近親者だけで葬儀を済ますことが増えてきて、喪中はがきで訃報を知ることが増えています。
また退職後、現役時代の知人との関係が薄れてきていることも多く、年賀状だけのやりとりの関係になっていると、やはり喪中はがきで訃報を知ることも多いのではないでしょうか。

喪中はがきを受け取った場合、お悔やみの言葉を書いてお返事をだすことが礼儀となっていますが、最近は「喪中見舞い」と言ってお線香やお花などお返しのいらない品物を添えて送ることが増えているようです。

この喪中見舞いについてちょっと考えてみました。

スポンサードリンク


喪中見舞いにお線香を、と宣伝されているが…

テレビのCMなどでも、「喪中見舞い」にお線香を、と宣伝しています。
ただ日本の古くからの風習かと言えば、そうではなく最近のお線香を売る側の新しい商売戦略のようです。

ただ喪中はがきで亡くなったことを知った場合、亡くなった時に何もできなかった代わりに何かを送りたい、と思うのも自然な流れだと思います。
とはいえ、「いまさらお香典でもないし…」という場合に、お線香ならお返しも不要で先方にも負担もかけずに済むので丁度いいのでは、とも思えます。

ということで、「喪中見舞いとしてお線香を」ということを始めたようですね。
のしの表書きにも「喪中見舞」というものが用意されているところも多くなってきたようです。

ただ、「喪中見舞い」としてお線香を送るのが本当にいいのでしょうか?


喪中の親族へのお見舞と考えると…

「喪中見舞い」は、喪に服しているご親族へのお見舞ですよね。
そのお見舞いの品が「お線香」というのはどうなんでしょう?

スポンサードリンク

見方によっては
「まだ生きている私にお線香を送られた」
ということになりますよね。

揚げ足取りのようにも思えますが、「喪中見舞い」が最近始まったことなので、なんのことなのか知らない方もまだまだ多いはず。そういった方、特にご年配の方がどのように受け取るかはわからないですよね。

ですので、お線香に「喪中見舞い」というのしを付けて送ることは本当にいいのかな?…と筆者は考えてしまいます。

筆者としては、喪中はがきを受け取ったお見舞いとして「喪中見舞い」のはがきやお手紙をお送りすることはいいとと思いますが、お線香は「喪中見舞い」でなくやはり「お供え」として送るべきではないかと思います。


お線香をもらって困る場合も…

「お供え」としてでもお線香をもらって困る方も多いようです。

特に、ご仏壇は実家にあって、自宅にない場合などはお線香を受け取っても困ってしまいますよね。
なかなか実家に帰れなかったりすると、お線香をいつまでも保管していないといけなくなってしまいます。

せっかく頂いたものなので、ないがしろにもできないですしね。

また「お線香はお返しをしなくていいもの」ということが意外に知られてなく、お線香に対するお返しで先方の手を煩わしてしまうこともあります。

ですので、先方の状況や関係の深さをよく考えてからお線香を送るかどうかを考えてはいかがでしょう。


まとめ

喪中見舞いは、まだまだ定着していません。
むしろ、お線香を売る側が定着させようとしている感が否めません。

ですので、無理にお線香をお送りすることもないように筆者は思います。

喪中の報を受けたらお悔やみの言葉を書いた手紙を送ることで十分ではないでしょうか。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

コメントを残す

PAGE TOP ↑