ノロウィルスに子どもが感染!家族への感染予防方法は?

公開日: 

冬になると流行するノロウィルスによる食中毒。
特に集団感染が多いのも特徴で、子どもが感染してしまうケースも多くあります。

ノロウィルスは感染力が非常に強いので、家族の中で1人感染すると、一気に家族全員へ感染が広がってしまう可能性が高くなります。

特に子どもが感染した場合は、嘔吐物やふん便の処理を大人がしっかり行っておかないと簡単に家族へ感染してしまいます。

感染者の嘔吐物やふん便の中には非常に多くのノロウィルスが存在していて、そのうちのほんの少しが体内に入っただけで感染してしまいます。

ノロウィルスの家族間感染を防ぐために必要なことを紹介します。

スポンサードリンク


ノロウィルスはアルコールでは消毒できない

もう多くの方はご存じだと思いますが、ノロウィルスはアルコール消毒があまり効きません。
ノロウィルスを消毒するには次亜塩素酸ナトリウムや高温殺菌が有効なのですが、人間の肌には使えません。

ですので、手指をウィルスの汚染から防ぐには基本は手洗いしかありません。

一方で、嘔吐物やふん便を処理した後の床やトイレの便座、衣類の消毒には、次亜塩素酸ナトリウムや高温殺菌を使ってしっかりと消毒を行う必要があります。


次亜塩素酸ナトリウムとは?

ところで次亜塩素酸ナトリウムというと、一般家庭では手に入らないのでは?と思われるかたも多いと思いますが、実は「ハイター」などの塩素系の漂白剤のことです。

また、哺乳瓶の消毒に使う「ミルトン」も次亜塩素酸ナトリウムです。

ハイターとミルトンの違いは原液の塩素の濃度が違いますので、消毒に使用するために希釈する際、加える水の量が異なります。

スポンサードリンク

次亜塩素酸ナトリウムを使った汚物やふん便の処理方法については、「札幌市東区保健福祉部健康・子ども課生活衛生係」の作成した【ノロウイルス感染を予防する消毒方法】のパンフレットが一番丁寧でわかりやすいので参考にしてください。

消毒液の作り方家庭編
おう吐物処理・家庭編


手洗いの方法

ノロウィルスに対する手洗いは、手からノロウィルスを物理的に洗い流すことが目的です。

ですので、手を洗う際は石鹸をよく泡立てて丁寧に洗う必要があります。
石鹸自体にノロウィルスを滅菌する作用はないのですが、肌の脂肪分を落とすことで手に付いているノロウィルスを流れやすくする効果が期待できます。

また、手洗いで洗い残しやすい場所を特に意識して、洗い残しの無いように洗います。

【洗い残しやすい場所】

  • 指と指の間
  • 指先
  • 爪の間
  • 親指や小指
  • 手のひらのしわ
  • 手首

ノロウィルスは嘔吐や下痢の症状がおさまっても、便からウィルスの排出が1週間から長ければ数週間続きます。
このため、症状がおさまった後でもトイレの後の手洗いは非常に重要です。

この他、洗った後の手を拭くのはペーパータオルなど他の人と共有しないことも重要です。


まとめ

ノロウィルスが家庭内に蔓延しないようにするには、家族の一人ひとりが注意してウィルスを封じ込めることです。

なおアルコールはノロウィルスを消毒する効果があまりありませんが、しっかり手洗いをした後で、15~30秒間くらいは乾かないくらいのタップリとした量を擦り込むように使うと手洗いの効果を高めることはできます。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

コメントを残す

PAGE TOP ↑