さっぽろホワイトイルミネーション~今年の大通会場のオブジェは?

公開日: 

今年で34回目を迎える『さっぽろホワイトイルミネーション』について紹介します。

今年も大通会場、駅前通り会場、南一条通り会場の3つの会場で実施されます。

【大通会場】   2014年11月21日(金)~2014年12月25日(木)  35日間
【駅前通り会場】 2014年11月21日(金)~2015年2月11日(水・祝) 83日間
【南一条通り会場】2014年11月21日(金)~2015年2月14日(土)   86日間

今回もメインの会場は『大通会場』で、大通会場はさらに1丁目から3丁目までの3つに会場が分かれています。

スポンサードリンク


大通会場

大通1丁目会場

大通1丁目会場のシンボルオブジェは「愛のツリー」です。

高さ15mの赤エゾ松にはハートの形をした電球が使われていて、
まさに「愛のツリー」です。

この他、会場を南北に通る通路が「光の小道」になります。
直径80cmの装飾ボールが15個飾られます。

大通2丁目会場

大通2丁目会場のシンボルオブジェは高さ15m、5,720個の電球を使った
「宇宙の領域」です。
メイン中のメインとなる2丁目会場をファンタジーで包みます。

また、協賛行事として
「ミュンヘン・クリスマス市 in Sapporo」も開催されます。

スポンサードリンク

大通3丁目会場

高さ6.8m、電球数2,673個の「ライラック」と
14.5m×45.2m、電球数がなんと58,270個の「クリスタルリバー」

の2大シンボルオブジェを始めとして、

「きらめき橋」、「イルミネーションゲート」(LED数7,000個)、
立木装飾27本、飾りボール12本などのオブジェが飾られます。


駅前通り会場・南一条通り会場

【駅前通り会場】
JR札幌駅前からすすきのまでの駅前通りでは
中央分離帯にある立木39本にLED装飾で彩ります。

【南一条通り会場】
南1条西1丁目から3町目間の南北歩道にある街路樹46本に
LED装飾を施します。


大通会場はBDF発電

大通会場の1丁目から3丁目まで、全ての会場のイルミネーションは
BDF発電によって電力をまかないます。

これはさっぽろホワイトイルミネーション全体の約6割にあたります。

BDFとは、バイオディーゼル燃料のことで、
石炭燃料をつかない地球にやさしいエコ発電で
地球にやさしいエコイルミネーションを目指しているそうです。


まとめ

さっぽろホワイトイルミネーションには変なジンクスもあるようですが、
実際のところはどのイベントに行っても別れるカップルは別れるものです。

せっかく行ける機会があるのなら、行かないのは損だと思いますよ。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

コメントを残す

PAGE TOP ↑