しし座流星群の極大はいつ?今年はどのくらい見れるか?

公開日: 

しし座の方向から飛び出してくるようにみえるしし座流星群は、
過去2001年には日本でも1時間あたり2,000個の大出現がありましたが、最近は大きな活動がないようです。
活動期と活動期以外で流星の出現数の差が大きいのが、しし座流星群の特徴ともいえます。

それでは、2014年のしし座流星群はどうなのでしょうか?

スポンサードリンク


2014年のしし座流星群の極大はいつ?

しし座流星群が極大となるのは、11月18日7時ごろです。
もう、夜があけている時間ですね。

ということで、見ごろの時間は11月18日 0時~明け方、
またはその前後の17日か19日の同時刻です。

ただ、今年は下弦の月があり、観測条件はあまりよくありません。

夜半過ぎには月が昇ってきますので、
月明かりを避けながら観測した方がいいです。

しし座流星群は、明るい流星がありますから
月明かりに前けないで見える可能性もあります。

スポンサードリンク

どのくらい見えるの?

現在のところ、しし座流星群が活動期であるという観測データはないようです。

極大時で、1時間に5個程度の出現だと思われます。

しし座流星群だからと言って、しし座だけを見ていればいいかというと
そういう訳ではありません。

流星群がしし座近辺を中心にして飛び出しくるだけで、
ほぼ全天で流星を見ることができます。

ただ今年は、月が視界に入らないように
方向を変えながら見ることをお勧めします。

本来なら流星を見るには寝転がってみることができればベストなのですが
月が視界に入らないようにするために時々方向を変えないといけない
かもしれません。


まとめ

11月の早朝ともなるとかなり冷えます。
特に地面に寝転がる場合、地面から伝わってくるの寒さ対策が必要です。
防寒マットなどを敷いて対策だけは十分に準備して観測に臨んでください。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

コメントを残す

PAGE TOP ↑