時代祭を見るおすすめのスポットは?開催される日にちは?

公開日:  最終更新日:2014/09/21

「時代祭」は葵祭、祇園祭と並んで京都三大祭の一つとして知られています。
2,000人もの行列が京都の歴史の縮図として行進していきます。

そんな時代祭について見どころスポットなどを紹介していきます。

スポンサードリンク


時代祭について

時代祭は毎年10月22日に執り行われます。
雨天の場合は順延となり、過去にも翌日に延期になったことがあります。

第一回は明治28年と、他の京都三大祭と比べると歴史が浅いお祭りです。

時代祭は明治28年に平安神宮が作られたとき、神宮の管理を行う平安講社が作られました。
この平安講社の記念事業として始められた祭りが現代の時代祭の元となっています。

お祭りの内容は、祭神の桓武天皇と孝明天皇が、行列を伴って住まいの御から神宮へ行進している様子を表したものです。

行列は京都の風俗を遡る時代行列で、行進する人は明治時代から8つの時代を再現した衣装や道具を身につけています。
8つの時代は、明治維新、江戸、安土桃山、室町、吉野、鎌倉、藤原、延暦(えんりゃく)からなり、20の列をなしています。参加する人は2,000人、列の長さは2kmにおよび、約3時間かけて行進していきます。

先頭に位置する名誉奉行を京都府知事、京都市長が務め、列の最後にこの行列の主役である桓武天皇と孝明天皇の御鳳輦の列があります。


行進コースとおすすめスポット

時代祭の行進コースとおおよその通過時刻は以下の通りです。

京都御所建礼門前 12:00出発
→ 堺町御門  12:15
→ 烏丸丸太町 12:30
→ 烏丸御池  12:50
→ 河原町御池 13:20
→ 河原町三条 13:30
→ 三条大橋  13:40
→ 三条神宮道 14:10
→ 平安神宮  14:30到着

スポンサードリンク

観覧場所で混みあうのは、京都御苑、平安神宮のあたりです。
この辺は場所柄風情もあり、撮影ポイントとしても人が多いです。

良い撮影ポイントなどは、行列が到着する2時間前から待っている人もいるようです。

逆にゆったり見ることができるのは、三条通です。
ビル街や建物が建ち並ぶので撮影ポイントとして人気がありません。

特に東山三条の交差点から三条神宮道までは空いています。


行列について

時代祭の行列には、京都に住んでいる人と京都の大学生しか行列には参加できないことになっているそうです。
それぞれの列は各地区ごとに担当が決まっています。京都大学、同志社大学、立命館大学もそれぞれ担当する列が決まっています。
 

時代祭に行進する20の列には以下のものがあります。

明治維新時代

維新勤王隊列
幕末志士列

江戸時代

徳川城使上洛列
江戸時代婦人列

安土桃山時代

豊公参朝列
織田公上洛列

室町時代

室町幕府執政列
室町洛中風俗列

吉野時代

楠公上洛列
中世婦人列

鎌倉時代

城南やぶさめ列

藤原時代

藤原公卿参朝列
平安時代婦人列

延暦時代

延暦武官行進列
延暦文官参朝列

神幸列

神饌講社列
前列
神幸列
白川女献花列
弓箭組

京都御所の詳しい情報はこちら【楽天たびノート】

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

コメントを残す

PAGE TOP ↑