ワイングラスはどうやって選ぶ?ワイングラスの形状の秘密

公開日: 

ワインを味わうのが愉しみになってくると、ワイングラスにもこだわってみたくなりませんか?
1,000~2,000円程度のワイングラスを用意するだけで、まったく違った味わいが愉しめるようになります。

ただワイングラスはかさばりますから、収納場所を確保するのも大変ですよね。
そこで家庭で最低限揃えたいワイングラスについて紹介します。

スポンサードリンク


揃えておきたい3種類の形状

とりあえず揃えたいのは、

  • ボルドータイプ用
  • ブルゴーニュタイプ用
  • スパークリング用

の3つです。

ワイングラスの形状というと、赤ワイン用と白ワイン用に分かれると思われがちですが、ほとんどの白ワインはボルドータイプ用のグラスで大丈夫です。
ボルドータイプはオールマイティなワイングラスでほとんどの赤・白・ロゼをカバーできます。

ブルゴーニュタイプ用のワイングラスは、ボルドーよりもゆったりとしているタイプのグラスです。このグラスではブルゴーニュのワイン(ピノノワールなど)やイタリアのバローロ/バルバレスコ(ネッビオーロ)を愉しむことができます。

スパークリングワインは、細いフルートグラスのようなスパークリング用のグラスを使います。スパークリング用のグラスは、スパークリングワインの泡がキレイに立つように工夫されています。

スポンサードリンク

おススメのグラスメーカは?

おススメのワイングラスのメーカーは、やはりリーデル社です。繊細な口当たりは別格です。
とは言っても、そんなに高価なシリーズのグラスではなくても、<オヴァチュア>シリーズや<オー>シリーズがコストパフォーマンス的にも優れています。
ただ、繊細な分壊れやすいところが難点です。

家庭で実用的なのは、ショット・ツヴィーゼル社の<ヴィーニャ>シリーズです。家庭で使う上での耐久性も十分にあります。

また最近は、これらのメーカでなくISO国際規格の汎用グラスというものもあります。これは国際規格で作られていますので基本的に同一の形状で作られていて、安く使いやすいグラスです。


なぜワインはワイングラスがいいのか?

ワインに限らず飲み物はグラスが変われば味わいが変わりますが、特に香りも味わうワインはその傾向が顕著です。
特にワイングラスは、ワインから立つ香りを十分にためる大きさがあります。
そしてグラスの飲み口の大きさは、鼻をしっかりとおおうようなサイズになっているので、香りをしっかり味わうことができるようになっています。
また口の中に注がれるワインが、ワインを味わうのに適した舌の場所へ行き渡ります。

このようにワイングラスは、ワインを味わうために計算された形状になっています。


まとめ

ワインを愉しむグラスを用意すると、より優雅な気分でワインを愉しむことができます。

もしワイングラスを収納するスペースが確保できるのならば、更にこだわったグラス選びもできますね。
ワインに合わせてグラスも選べるなんて、なんて贅沢なんでしょうか…。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

コメントを残す

PAGE TOP ↑