結婚式のマナー 女性の服装 NGなのは?最近はどうなの?

公開日: 

友人の結婚式に出席した時、マナーを守っていない服装が意外に多いと思いませんか?

マナーを守っているあなたからすると
「最近はこれでもいいのかな?」
と疑問に思ってしまいますよね。

ここでは結婚式のゲストとしての服装について、最近の動向も含めて紹介します。

スポンサードリンク

結婚式のマナー 女性の服装のNGは?

結婚式は、結婚という儀式の場です。
フォーマルな場ですから色々とマナーがあります。

特に女性の服装には、気を付けることがたくさんあります。

白っぽい服はNG

白は花嫁のものですから、ゲストは白はもちろん白っぽい服も着てはいけません。
クリーム色や薄いピンクなどの白系のドレスも、フラッシュやスポットライトの加減で白く見えてしまうことがありますから避けた方がいいです。

日中の結婚式なら肩も膝も出さない

日中の結婚式の場合、肩が出てしまうドレスやワンピースを着るなら、ボレロやショールで隠します。
また膝が隠れるくらいの丈が上品です。
アクセサリーは、あまりキラキラ光らないものを身に着けます。

夕方以降の結婚式(披露宴)ならイブニングドレス

イブニングドレスは丈が長い方がよりフォーマルになります。
また日中と異なり、肩や背中を出すことも構いません(挙式中は上着を羽織ります)。
アクセサリーは光るものを着けましょう。

靴はヒールがあるパンプスがベスト

ヒールの高さは3cm程度以上で、細い方がよりフォーマルです。
ブーツはカジュアルなのでNGです。
オープントゥやサンダルも基本的にはNGですが、最近はパーティー用のドレッシーなものなら許容されつつあるようです。
必ずストッキングは履きましょう。ただし黒いストッキングは避けた方がいいです。

バッグはなるべく小さいクラッチバッグで

バッグはなるべく小さい方がフォーマルな装いになります。

ファーやヘビ・ワニ革、アニマル柄は避ける

ファーやヘビ・ワニ革、アニマル柄は、殺生を連想させ結婚式の場には合いません。
これは服や靴、バッグなどすべてについてです。

髪はアップかハーフアップで

髪の毛はアップかハーフアップにした方が、きちんと感が出て好ましいです。
また、きちんとお化粧をすることもマナーです。

真っ黒なら華やかになる工夫を

ドレスから靴、小物まで真っ黒になってしまう場合は、コサージュなどを上手につかって華やかさを演出しましょう。

結婚式の服装のマナー 最近はどうなの?

インターネット上にも結婚式の服装のマナーについて書かれたサイトがたくさんありますが、ほとんどは何年も前に書かれているものばかりです。
では、最近の結婚式のマナーはどうなっているのでしょうか?

スポンサードリンク

実際のところ、結婚式のマナーはそれほど変わっていません。

ですが、マナーを気にしなくなった人が増えていることも事実ですね。
昼の結婚式・披露宴なのにノースリーブやミニスカートで来るような方も多くなっているようです。

では、マナーはもう気にしなくていいのでしょうか?

そんなことはありません。
新郎新婦の親族や会社の上司の方などが出席されるような結婚式はフォーマルな場。
マナーは堅苦しいと考えるかもしれませんが、フォーマルな場ではマナーを守ることは大切です。

新郎新婦の親族や会社の上司の方からすれば、マナーを知らない・守っていないゲストのことを快く思わないものです。
そしてこれは本人たちに向けられるよりも新郎や新婦に対して向けられ、「友人はこの程度なのか」と思われてしまいます。
新郎新婦の評価を下げることにつながるわけですね。

結婚する友人を心からお祝いしたいのであれば、友人の評価が下がらないような装いをこころがけたいですよね。

一方で、カジュアルな式や披露宴も増えてきた

最近の結婚式にはあまりフォーマル度の高くないカジュアルな式も多くなって、フォーマルな式とカジュアルな式の幅が広くなっています。
フォーマル度の高くない結婚式であれば、求められるドレスコードやマナーも違ってきます。

レストランで友人だけの披露宴であれば、それほどフォーマルな装いは必要ないのかもしれません。

ですので、今は単にマナーを気にするだけではなく、場所や出席する人によって式のフォーマル度がどのくらいなのかを意識して装いやマナーを変える必要があるわけですね。

結婚式の服装のマナー 女性で兄の式に出席する場合は?

これまでは新郎新婦の友人の立場でゲストとして出席した場合について説明してきました。

これが例えばお兄さんの結婚式に出席する場合はどうなるでしょう?
今度は家族としてホスト側になり、ゲストを迎える立場になります。

この場合、正装に近い服装が望ましいです。

未婚の女性の正装なら、やはり振袖が一番です。
着物は着るのが大変ですが、華やかさを添えるのにふさわしいと思います。

洋服であれば単色のフォーマルなワンピースが無難です。
このとき、黒よりは色のある方がいいでしょう。

さいごに/まとめ

フォーマルな場では、マナーは守った方がいいです。
たとえ周りに守ってない人がいたとしても、守っていた方が格好がいいですし、その場に出席される方々へ失礼のない態度というものです。

ただマナーを守っていない人に対してそれを非難するのも、またマナー違反というものです。
そういう方はそういうことへの気遣いが足らない人、ということで胸の中にとどめておきましょう。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

コメントを残す

PAGE TOP ↑