箱根登山鉄道から見るあじさいの見頃は?あじさい電車の予約方法は?

公開日: 

梅雨の時期の箱根は、あじさいのシーズンです。
特に箱根登山鉄道の沿線には多くのあじさいが植えられ、電車の中からあじさいを楽しむことができます。

ここでは、箱根登山鉄道から観るあじさいについて紹介します。

スポンサードリンク


箱根登山鉄道から見るあじさい

あじさいの季節、箱根登山鉄道は「あじさい電車」と呼ばれ、沿線にはたいへん多くのあじさいが咲き誇ります。

あじさいが車窓に触れそうなほど近くに咲いている場所もあり、加えて登山電車のゆっくりと進むので、電車の窓から見ているとは思えない情景が広がります。

湯本から出発する場合、あじさいは進行方向右側に多く植えられているので、車両の右側に乗った方が見ごたえがあります。

■あじさいのライトアップ

2015年は6月20日(土)~7月12日(日)までの期間、18:30から22:00まで沿線の7か所のライトアップスポットであじさいのライトアップが行われます。
まっくらな中にライトアップで浮かぶあじさいの花は、昼間とはまったく印象でとても幻想的な雰囲気です。

■あじさい電車の運行状況は?

あじさい電車は昼間は1時間に4本、夜は1時間に2~3本のペースで運行されています。
全席自由席となっています。
※後から説明する「あじさい号」は除く

週末のあじさい電車は、ツアーなどのタイミングによっては非常に混みあうこともあり、通勤電車並みの混雑になる場合もあります。


箱根登山鉄道のあじさい 見頃は?

箱根登山鉄道沿線のあじさいの見頃は、例年ですと6月中旬から7月中旬までとなっています。

箱根湯本から強羅まで標高の差がありますので、箱根湯本駅近辺で6月中旬から咲き始めて、強羅駅近辺では7月の中旬まで観ることができます。

スポンサードリンク

■沿線のあじさいの見どころ(ライトアップされる場所)と見頃

  • 箱根湯本駅の先…6月中旬~6月下旬
  • 大平台駅の先…6月下旬~7月上旬
  • 宮ノ下駅の先…6月下旬~7月上旬
  • 温泉幼稚園の先…6月下旬~7月上旬
  • 小涌谷駅の先…6月下旬~7月中旬
  • 車川…6月下旬~7月中旬
  • 彫刻の森付近…6月下旬~7月中旬

箱根のあじさい電車の予約方法は?

あじさい電車の中で、「あじさい号」という全席指定席の電車があります。

このあじさい号は、箱根登山鉄道の夜のあじさいをより楽しむことができる臨時特別列車です。

■運行日
 2015年6月20日(土)~6月25日(木):
  箱根湯本→強羅行 1日1本
  強羅→箱根湯本行 1日1本
 2015年6月26日(金)~7月5日(日):
  箱根湯本→強羅行 1日2本
  強羅→箱根湯本行 1日2本

■ライトアップ箇所と停車駅
ライトアップ箇所では、室内の照明を落とし徐行または停止します。
ライトアップされたあじさいをじっくりと楽しむことができます。

また記念撮影のために、強羅行:宮ノ下駅/箱根湯本行:塔ノ沢駅で約10分間停車します。
ここでは電車から降りて記念撮影を楽しめます。

■指定席の予約方法
あじさい号を利用するには、事前に「あじさい号予約センター」で電話予約をする必要があります。
(電話以外は受け付けていません)
・予約受付期間:
  6月1日(月)~7月1日(水)の平日
  9:30~17:00
  電話番号:0465-32-8787
・予約時に座席指定はできない
・指定席のため座席券料金が必要
 (大人 310円、小児 160円)
・箱根湯本駅-強羅駅間の運賃が別途必要
 (箱根フリーパス等の周遊券の利用可)

グループで乗車の予約をする際は、必ず1組で予約しましょう。
一人ひとりで予約すると、離ればなれになってしまいます。


さいごに

あじさい号は1日に1~2往復しかないとても贅沢な臨時列車です。
贅沢ながら通常運賃400円+座席券料金310円というリーズナブルな料金で乗れてしまいます。

ただ運行本数や座席には限りがありますので、早めの予約をお勧めします。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

コメントを残す

PAGE TOP ↑