箱根山のホテル リニューアルされた庭園 つつじの見ごろは?

公開日:  最終更新日:2017/04/18

箱根「山のホテル」の5月といえば、庭園に広がる「つつじ・しゃくなげフェア」が開催されます。
45,000坪の庭園に約30種3,000株のつつじと20種300株のしゃくなげが咲き誇ります。

2015年4月に山のホテルがリニューアルされました。

ここではリニューアルされた庭園の情報を中心に、つつじ・しゃくなげフェアに関して紹介します。

スポンサードリンク

山のホテルがリニューアル 庭園も

2015年4月21日(火)に山のホテルがリニューアルオープンしました。

「受け継がれた”自然”をより、上質な”おおてなし”で」をコンセプトに、庭園も以前より廻りやすく、また自然をより身近に感じられるように整備されました。

まず、園路は舗装をしなおして歩きやすくなりました。

そして、これまで階段となっていた斜面部分には新たにスロープを設置しました。
これにより車いすや年配の方も安心して花めぐりを楽しむことができるようになります。

また、石畳だったチャペル前の通路もフラットな石張りの通路に変更され歩きやすくなっています。


箱根山のホテルのつつじ 見ごろは?

樹齢100年以上のものや人の背丈を超える大きなつつじが富士山に向かって駆け上がるように配置されている庭園が、つつじ・しゃくなげフェア開催中は一般にも公開されます。

■開催期間:
2017年5月1日(月)から5月下旬(花の開花状況によって変わります)

スポンサードリンク

■庭園見学料金:
一般800円、団体700円(15名以上)

■庭園見学時間:
9:00~17:00

■つつじの見ごろ:
例年のピークはゴールデンウィーク明けから5月の中旬ごろです。
詳細な開花状況は、山のホテルのブログ山のホテルスタッフブログから確認することができます。

つつじ越しに芦ノ湖を見下ろす景色の写真を撮るなら、庭園中央の銅像脇からがおススメです。
また、つつじと富士山を一緒に撮るならホテルラウンジの階段下がおススメになります。


山のホテルへのアクセスは?

つつじ・しゃくなげフェアの時期は、山のホテルの駐車場が混雑するので、特に土日などは駐車待ちが発生する場合もあります。

ですので、できるだけ公共交通機関を使った方がいいようです。

公共機関を利用する場合は、箱根登山バスなどで元箱根港を経由して、山のホテル行きの臨時バスを利用します。

■元箱根港-山のホテル間臨時バス運行
運行期間:5月1日(金)~5月21日(日)
運転間隔:1時間に3本程度
所要時間:10分
運賃:おとな170円、こども90円
※箱根フリーパス、箱根旧街道・1号線きっぷ、PASMO/Suicaが利用できます。


さいごに

山のホテル庭園にあるローズガーデンでは6月になると30種300株のバラが咲くようですが、こちらは一般には公開されないようです。
山のホテルに宿泊しないとバラを観ることはできないようですね。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

コメントを残す

PAGE TOP ↑