洗濯物を部屋干しするなら 乾かすには?除湿機を使うコツは?

公開日: 

一昔前なら洗濯物は外に干すのが当たり前でしたが、今は色々な理由で部屋干しをする人が増えています。

ここでは上手に部屋干しするには?について紹介します。

スポンサードリンク

洗濯物を部屋干しするのはどんな理由

まず部屋干しをする人が増えている理由にはどんなものがあるでしょうか?

花粉を家の中に入れないため

今や花粉症の人にとって、花粉が飛んでいる期間は部屋干しするのは当たり前になっていますね。

外に干すと臭いや汚れがついてしまうため

交通の多い道路に面しているなど、外気の臭いが洗濯物についてしまう場合には部屋の中に干すしかないですよね。
その他、黄砂や今はPM2.5なども気になります。

一人暮らしを知られたくないため

特に女性の場合、洗濯物を外に干してしまうと一人暮らしなのがわかってしまいます。色々と怖いですから、知られたくありませんよね。

普段日中は家に居ないため洗濯物を取り込めない

洗濯物を干したまま仕事や学校に行くわけにはいかないですからね。


洗濯物を部屋干しで乾かすには?

このように様々な理由で洗濯物を部屋干しする人が増えていますが、みなさん上手に部屋干しができているのでしょうか?

生乾きのまましまってしまうと、細菌が繁殖してニオイが気になったりしてしまいます。
では部屋干しでもしっかり乾かすにはどうしたらいいでしょう?

部屋干しのポイントをあげてみます。

スポンサードリンク
  • 部屋の真ん中に干す
    カーテンレールを使うのは便利ですが、部屋の隅ではなかなか乾きません。
  • 裏がえす
    縫い目部分は分厚くなっているので、裏がえして外に出した方が早く乾きます。
  • 間隔をあける
    洗濯物の間を空気が抜けるように間隔をあけて干します。長いものと短いものを交互にするのも効果的です。
  • タオルは折りたたまない
    半分に折りたたんで干すと乾きにくくなりますから、折りたたまずに空気に触れる部分を大きくしましょう。
  • 針金ハンガーは使わない
    針金のハンガーで干すと前身ごろと後身ごろがくっついてしまい乾きにくくなります。
  • フード付きの服は逆さにつるす

除湿機を使った洗濯物を乾かすコツ

梅雨時で湿度が高い時期や冬の気温が低い時期は部屋干しした洗濯物がなかなか乾きません。
こういう時には、除湿機を使って部屋ごと乾燥させることで洗濯物は乾きやすくなります。

市販の除湿機にはコンプレッサー方式とデシカント方式があります。

コンプレッサー方式

  • 気温が25℃以上での除湿力が大きいため梅雨~夏場の除湿に向く
  • ランニングコストはデシカント方式よりも安い
  • 室温の上昇が少ない(1~2℃程度)
  • 振動が大きくボディは大き目になる

デシカント方式

  • 低温時でも除湿力が高い
  • コンプレッサー方式よりも軽量でコンパクト
  • ランニングコストは高め
  • 軽量でコンパクトにできる
  • 室温の上昇が大き目(3~8℃程度)

除湿機を冬場の部屋干しにも使うのならば、迷わずデシカント方式の除湿機を選びましょう。
>>デシカント方式の除湿機【楽天市場】

除湿機を部屋干しに上手に使うには、扇風機を併用して空気を循環させることです。
洗濯物と扇風機の間の除湿機を置いて、除湿した空気が洗濯物の間を抜けるようにします。


まとめ

洗濯物は外に干して太陽に当てた方が気持ちよく乾かせますが、なかなかそうもいかないことも多いです。

部屋干しで生乾きに困ることがないようにするには、やはり除湿機の力を使うことが有効のようです。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

コメントを残す

PAGE TOP ↑