夏の紫外線対策の帽子の選び方 効果はあるの? 日傘も必要?

公開日:  最終更新日:2017/09/22

紫外線は1年を通して対策した方がいいと言われていますが、特に夏の紫外線はしっかりと対策したいですよね。

紫外線対策の中でも簡単にできて効果的なのは帽子をかぶること。

ここでは、紫外線対策の帽子に関することを紹介していきます。

スポンサードリンク


紫外線対策の帽子の選び方は?

まず帽子の色は何色がいいのでしょう?

紫外線は白など薄い色の方が通過しやすく、黒などの濃い色だと吸収されるので通過しにくくなります。
ということで、やはり黒や濃い色を選んだ方がいいようです。

ただ最近は薄い色でもUVカット効果があるものあります。

「紫外線遮断率」を確認してみて、遮断率の高いものを選ぶと間違いがありません。

またファッション性よりも紫外線対策を重視するなら、やはりつばは広い方がいいですね。
顔だけでなく首まで日光を遮るくらいがいいかもしれません。

とは言え、屋内に入った際に大きい帽子だと邪魔になってしまうので、折りたたみやすくて、折りたたんでも形がくずれないものがいいですね。

スポンサードリンク

紫外線対策 帽子の効果はあるの?

紫外線遮断率の高い帽子をかぶることで紫外線をある程度遮ることができます。
帽子の有り無しで、顔や頭に当たる紫外線の量は大きく違います。

とは言え、帽子で紫外線を100%防げる訳ではありません。
首やデコルテ部分までは帽子だけではなかなかカバーしきれないこともあります。

また照り返しによる紫外線は帽子では防げません。

ですので、お肌へのUVケアはしっかりしておいた方が安心です。
日焼け止めは、適切に塗り直しをしないと効果がなくなります。

▼紫外線をカットするCCクリーム▼
澄肌CCクリーム


紫外線対策は帽子だけでなく日傘やサングラスなども!

帽子をかぶったとしても、日傘やサングラスも併用した方が好ましいですね。

帽子だけでは紫外線を100%遮ることはできませんから、日傘と帽子で二重で遮るとより効果的です。
日傘は遮る範囲が広いので、首やデコルテ部分もカバーしてくれます。

また目から紫外線が入ると、脳がメラニンを作ろうと反応すると言われています。
これを防ぐためにもサングラスも紫外線対策の必需品と言えるでしょう。

このほか腕を紫外線から守るためには、紫外線を防ぐアームカバーや長そでのカーディガンがあるといいかもしれません。これは屋内での冷房による冷え対策にも使えて便利です。


まとめ

紫外線対策の最も効果的なことは日が出ているうちは外出しないことですが、なかなかそうはいきません。

帽子をはじめ日傘やサングラス、アームカバーやカーディガンなどのアイテムを使って効果的に紫外線対策をしたいですね。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

コメントを残す

PAGE TOP ↑