美白に効果がある食べ物、紫外線を対策する/吸収する食べ物

公開日: 

美白になるためには体の外側からのスキンケアや紫外線対策体と同時に、内側からのアプローチも大切です。
では健康で美しい肌を作るためには、どのような栄養が必要だと思いますか?

ここでは美白にいい食べ物や紫外線の対策となる食べ物、そして逆に紫外線を吸収してしまう食べ物について紹介します。

スポンサードリンク

美白に効果がある食べ物には何がある?

美しく白い肌になるためにはどのような栄養が必要でしょう?

まず土台となる肌が健康でなくてはいけません。
健康な肌を作るには、タンパク質、ミネラルやビタミン、脂質、糖質など様々な栄養素をバランスよく摂ることが大切です。
ですので、栄養のバランスがとれた食事をすることが第一歩です。

次にストレスの無い生活を送ることです。ストレスを感じると活性酸素が発生して肌にダメージを与えます。
とは言え現代社会においてストレスのない生活というのも難しいので、抗酸化成分を積極的に摂取しましょう。

その上で美白に効果が期待できる栄養素、ビタミンA・C・EやL-システインなどを摂りましょう。

ビタミンC

柑橘類やイチゴ、キウイ、柿などの果物
トマト、パプリカなどの野菜
熱に弱いので火を通さずに食べることが望ましい

ビタミンE

植物油(オリーブオイル・キャノーラ油・ひまわり油など)
ナッツ類(アーモンド・落花生など)
西洋かぼちゃやアボガド
魚介類

ビタミンA(β-カロテン)

トマト・ブロッコリー・ニンジン・ほうれん草や小松菜・かぼちゃなどの緑黄色野菜
油脂と食べると吸収がよくなるので油脂を使って調理するとよい

L-システイン

玉ねぎ、ブロッコリー、芽キャベツ、小麦胚芽
メラニンの生成を抑制すると同時にターンオーバーを促し皮膚からメラニンを排出

抗酸化成分

トマトに含まれるリコピンや様々なポリフェノール
鮭や海老・カニなどの赤い魚介類に含まれる

スポンサードリンク

紫外線を対策する食べ物はある?

UVケアも日焼け止めを塗ったり日傘をさしたりする外部の対策だけではなく、体の中からも対策したいところです。

体の中の紫外線対策も、ビタミンA・C・Eが有効です。

ビタミンAやEの抗酸化作用は、日焼けで発生した活性酸素から肌の酸化を防ぎます。
ビタミンCにはメラニンの生成を抑える働きがあります。
またビタミンA・Cにはコラーゲン生成を促進します。

ビタミンA・C・Eを含む食べ物を積極的に摂ることで、体の中からも紫外線対策を行うことができます。


紫外線を吸収する食べ物って?

紫外線を吸収しやすくなる食べ物があることはご存じでしたか?

ソラレンという成分を含む食べ物を食べると、その後7~9時間ほど紫外線の吸収率が高くなってしまい、シミや色素沈着が起きやすくなってしまいます。
せっかく日焼け止めを塗ったりしてUVケアをしていても、その効果が半減してしまうわけです。

では、ソラレンはどのような食べ物に含まれているのでしょう?

グレープフルーツ・レモン・オレンジなどの柑橘類の多く、キウイ、いちじくなどの果物、パセリ・きゅうり・しそ・ブロッコリー・アセロラ・クロレラなど意外にたくさんあります。

実はこれらは肌にいい果物・野菜ばかりで健康な肌を作るのには必要な食べ物です。
ですので、食べ方に気を付けましょう。

ソラレンを含む食べ物は、食べてから7~9時間は紫外線の吸収率が高くなってしまいますので、外出する前には食べない方がいいです。
ということで、朝食では食べないようにして、夕食でしっかり摂るようにしましょう。

またきゅうりやレモンのパックも、肌に直接ソラレンが作用してしまいますのでやらない方が好ましいようです。


さいごに

各栄養素はできるだけ食品から摂った方がいいはもちろんのことですが、必要に応じてサプリメントを併用することも効果的です。

特にビタミンC・EやL-システインは身体に蓄えておくことができないので、毎日摂取するにはサプリメントが便利です。
ただ過剰摂取はよくないので、サプリメントから摂取する場合は目安となる摂取量を守ってくださいね。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

コメントを残す

PAGE TOP ↑