アルガンオイルの使い方 髪には?顔には?選び方はどうする?

公開日: 

「モロッコの黄金」と呼ばれるアルガンオイルが話題になってからだいぶ経ちますが、「使い方がよくわからない」という声も多いようです。
またアルガンオイルは髪用のオイルと思われていますが、顔やボディのスキンケアにも使えます。

ここでは、アルガンオイルの使い方について説明します。

スポンサードリンク


アルガンオイルの使い方 髪には?

アルガンオイルには保湿するだけでなく、抗酸化成分によるエイジングケアやダメージの修復などの働きもあります。

その使い方の一つは髪や頭皮のケアに使うことです。
頭皮から毛先までトータルにケアをすることができます。

【髪のケア】
アルガンオイルを流さないトリートメント代わりに使うことができます。
紫外線などで受けたダメージの修復や乾燥対策が期待できます。
髪は濡れたままでも、乾かしてからでも大丈夫です。

またスタイリングの前に塗れば、ドライヤーの熱から髪を守ってくれます。

使う量は、「ちょっと少ないのかな?」と思うくらいの量で十分です。

【頭皮のケア】
頭皮のマッサージオイルとして使うと、頭皮が柔らかくなります。
また頭皮に詰まった汚れを浮き立たせることができます。


アルガンオイルの使い方 顔には?

アルガンオイルをフェイシャルケアで使う場合は、化粧水の後に使用するのが一般的です。

この他、ブースターとして使用したり、乾燥対策やエイジングケアのためにオイルパックとしても使えます。
お肌との相性もありますので、ご自分のお肌に合った使い方を見つけて下さい。

毎日のお手入れには、1滴のアルガンオイルで十分です。
アルガンオイルを1滴てのひらに取り、円を描くようにマッサージしながら顔に伸ばします。

スポンサードリンク

目の周りや口元など気になるポイントには、少量をやさしくなじませると効果的です。

また普段使用しているクレンジング剤にアルガンオイルをごく少量混ぜることで、保湿力がアップし肌へのダメージを軽くすることもできます。


アルガンオイルの選び方は?

アルガンオイルは急速に需要が高まっているため、供給が追い付いていません。
というよりも、アルガンオイルの原料となるアルガンの実は決められた期間のみしか採取できないなど、供給量を多くしにくいオイルです。

更に良質なアルガンオイルは手搾りで抽出するため、製造するのに時間と労力がかかります。

このため、アルガンオイルは希少で高価なオイルとして有名です。

最近は安い価格のアルガンオイルもありますが、これらのほとんどは大量生産するために機械で抽出したものです。
機械で抽出すると余分な熱が加わるのでアルガンオイルの成分が壊れてしまい、品質が低くなりがちです。
また、別の油や不純物を混ぜているケースなどもあります。

ですので、安いアルガンオイルは期待したような結果を得られないことが多いようです。

品質の高いアルガンオイルを選ぶには、

  • 手搾りで精油されていること
  • 無添加で100%純粋なアルガンオイルであること

が基準になります。

「天然」「100%無添加」「手搾り」SUNRICH81 アルガンオイル


まとめ

保湿やダメージケアに優れていて肌に優しいアルガンオイルですが、髪質や肌質によっては適さない場合があります。
肌に付けてすぐに赤くなったりかゆみがでる場合は、残念ですが肌に合わないので使用をやめましょう。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

コメントを残す

PAGE TOP ↑