京都の桜 花見の見ごろの時期はいつ?夜桜の時期やライトアップは?

公開日:  最終更新日:2015/03/16

京情緒あふれる東山や祇園周辺、清水寺をはじめとした桜の名所がたくさんあります。

ここではこれらの桜の名所の中でも、特に夜桜の見どころについて紹介します。

スポンサードリンク


京都の桜 花見の見ごろの時期はいつ?

2015年の京都・東山や祇園周辺の桜の開花は、ソメイヨシノが4月の4日あたりになりそうですね。
この予想通りに開花すると、満開は4月12日前後でしょうか。

4月11日~12日の週末に見頃を迎えそうですね。

遅咲きのシダレザクラやヤマザクラは、4月の中旬すぎまで見頃が続きそうです。

京都には様々な桜があるので、長い期間桜を楽しむことができますね。


京都夜桜を楽しめる時期は?

京都の夜桜を楽しむならメインはやはり4月5日を過ぎた頃から4月10日ごろでしょうか。

この頃夜桜を楽しめる筆者おススメのコースです。

清水寺

最初はやっぱり清水寺です。
4階建てのビルに匹敵する高さの清水の檜舞台から見下ろす桜の開花は3月30日、満開は4月7と予想されています。

【夜の特別拝観】
・期間:2015年3月28日(土)~4月12日(日)
・時間:18:00(開門)~21:00(受付終了)
・拝観料:大人400円/小・中学生200円

高台寺

続いて高台寺のプロジェクションマッピングを堪能。
白浜の方丈前庭を舞台に毎年趣向を変えた演出がされるシダレザクラと光のアートの競演が美しい高円寺。

【夜間特別拝観】
「高円寺 小宇宙」と銘打ったプロジェクションマッピングが開催されます。
・期間:2015年3月6日(金)~5月6日(水・振休)
・時間:22:00まで(受付は21:30まで)

スポンサードリンク

円山公園

円山公園の中央にある大きなシダレザクラが「祇園の夜桜」として有名です。
3月13日(金)~4月12日(日)の期間、かがり火が焚かれライトアップが行われます。

祇園 白川宵桜・新橋花灯路

京町家が立ち並び、歴史的建造物保存地区にも指定されている祇園新橋、辰巳神社周辺で、白川に沿ったソメイヨシノやシダレザクラの桜並木がライトアップされます。
京都の情緒を存分に感じることができ、思わずため息が出てしまうほど美しいので、ここも外すことはできません。
・期間:2015年3月27日(金)~4月5日(日)

平安神宮

2015年4月9日(木)~12日(日)には、平安神宮で「紅しだれコンサート」が開催されます。
コンサート期間中は、開花から約2週間も見頃が続く八重紅枝垂れ桜がライトアップされ、夜桜でも堪能できます。
・時間:18:15~21:00(最終入場20:30)
・料金:2,000円(前売1,700円)
・演奏時間:18:40~19:20、19:50~20:30


京都夜桜がライトアップされている時間は?

京都の夜桜のライトアップは、だいたい22:00頃までのところが多いようです。
ただ丸山公園のみ1時までライトアップが行われています。


まとめ

ここで紹介したスポット以外にも夜桜を楽しめるスポットはたくさんありますが、とりあえず押さえておきたいスポットを紹介しました。
特に平安神宮は4日間限定の夜桜ですから、タイミングが合えばぜひ見て頂きたいと思います。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

コメントを残す

PAGE TOP ↑