内祝いの金額 結婚祝いのお返しはどのくらい?内祝いとは?

公開日: 

結婚してお祝いを頂くのは嬉しいのだけれども、内祝いのお返しを誰にいくら位するか悩みの種ですよね。
一般的には半返しと言われていますが…。

こんな内祝いについてのあれこれを紹介します。

スポンサードリンク


内祝い 昔はお返しではなかった

今は頂いたお祝いに対する「お返し」という意味合いで使われている『内祝い』ですが、昔は「お返し」という意味合いではなかった、ということはご存じですか?

結婚したり出産したりという身内の祝い事を、身近な人やお世話になっている人におすそ分けすることだったのです。
『内祝い』という名前はこういうことに由来しています。

ですのでお祝いをもらう前に、先にこちらから内祝いを贈ることになる訳です。
今とは順番が逆ですよね。

ということで、元々の『内祝い』にはお返しという意味はありませんでした。

現代でも残っている数少ない昔ながらの内祝いには、結婚披露宴の引き出物があります。
引き出物は結婚披露宴でお祝いをもらったお返しではなく、一応事前に内祝いとして用意する形になっています。

スポンサードリンク

内祝いのお返し 金額はどうする?

昔はお返しではなかったものの、現代の『内祝い』と言えば、お返しという意味合いが強いですよね。
というか『内祝い』はお返しと思っている人も多いと思います。

では内祝いはどのくらいの金額をお返しとして贈るのでしょう?

一般的には、頂いたお祝いの金額のだいたい3分の1から半額程度の金額の物を贈ります。
また目上の方に半返しだと生意気で失礼なので少し控えめにして贈る、と言われています。

実際のところは、3分の1というよりも半額を少し下回る程度の物でいいのだと思います。


内祝いはいつまでに贈る

結婚披露宴の場で頂いたお祝いを頂いた方には引き出物をお渡しするのでいいのですが、披露宴に出席されずお祝いを頂いた方へは別途内祝いを贈ることになります。

内祝いはいつまでに贈るべきなのでしょう?

お祝いをもらってからおおむね1ヶ月以内には内祝いを贈るようにしましょう。

また、内祝いにはのしを付けて、のしの表書きは「内祝い」もしくは「寿」とします。
名前の部分には、新姓のみとするか、もしくは2人の名前を記載しましょう。旧姓は使いません。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

コメントを残す

PAGE TOP ↑