足の臭いが強くなる原因…実はストレスにあることを知ってますか?

公開日:  最終更新日:2015/06/12

足のすっぱいような独特の臭いが気になっていませんか?

しかも、普段はそれほどでもないのに、職場だと足の臭いが強くなってきませんか?

なんで、職場の方が臭いが強くなるのか調べてみました。

スポンサードリンク

臭いの直接原因は汗

足の臭いの原因は、足の裏でかいた汗にあります。
足の裏はエクリン腺が非常に多く、大量の汗をかきます。

この汗を皮膚の常在菌が分解することで臭いの元が発生します。

また足の角質は厚く、このため垢も多くなってしまいます。
垢は皮膚の常在菌のエサになるので、足の裏の常在菌は活動が活発なことも臭いが強くなる要因になります。


ストレスが臭いに拍車をかける

人間はストレスを感じるを汗をかきますが、特に足の裏は
エクリン腺が多いこともありさらに大量の汗をかきます。
このストレスで発生した汗により、余計に臭いが強くなってしまいます。

普段は気にならないのに、職場だと足の臭いが気になるのは、
仕事のストレスが原因です。

スポンサードリンク

また、まわりに臭いで迷惑をかけていないかを心配になってしまうと、
さらに緊張して汗が増えてしまいます。こうなると臭いの悪循環になってしまいます。


足の汗を止める方法はない

現在のところ、足の発汗をとめる方法はありません。

このため足の臭いをなるべくなくすには、こまめに靴下を替えるような対処しかありません。
靴下を替える際には、足の汗をよくふき取ることが重要です。
乾いたタオルではなく、濡れタオルを使うことがより効果的に汗を拭きとることができます。

デトランスα


まとめ

足は靴や靴下を履きっぱなしになることが多いので、高温多湿な空間になります。
この空間は足の常在菌が活動するのに大変適した空間になります。

足の発汗は止められないので、足を清潔に保っておくことが大事ですね。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

コメントを残す

PAGE TOP ↑